FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

ブリタニーのマナー(その1)

これから、何回かに分けて私が行っている”しつけ”の教え方を公開したいと思います。

”しつけ”でお困りの方に何かのヒントとなれば幸いです。

IMG_4200_1.jpg

日本に輸入されているブリタニー・スパニエルは、殆どが猟系の血統を受け継いだ犬のようです。

ですから、猟犬はもちろん愛玩犬として飼われているブリタニーの殆どは猟系ということになります。

私は、ショー系のブリタニーに会ったことがないので、どんな性格をしているのかはわかりませんが、猟系のものは活発で常に動き回っているという印象を抱かせます。

ですから、初めて見た人はこんな犬をしつけるのは無理だと思うでしょう。

でも、実際にはその犬にあった教え方をすれば、簡単に人間の意思を理解させることが出来ると思います。

「その犬にあった教え方をすれば」と書きましたが、これが最も重要なことで最も難しいことです。

犬の性格は様々で、ブリタニーと言えども活発で怒ってもあまり動じない犬ばかりではなく、シャイで怒るとおびえて何も教えられない犬もいます。

そういう犬たちに同じ教え方はできませんし、個々の犬によって理解力も違います。

ですから、ここでは教え方のヒントを書きますので、犬の様子を見ながら少しアレンジしてその犬に合った教え方をするなり、主人が他のその犬に合ったやり方を考えるなりしてください。

教え方を考えるのも、犬を飼う楽しみの一つになると思いますよ。



家庭でやってはいけないことは、無駄吠えと飛び掛りの2つくらいでしょうか。

特に無駄吠えは近所迷惑にもなりますし、主人が犬を飼い続ける意欲をなくさせる原因ともなります。

無駄吠えしてはいけないと教えるには、まず主人の意識改革が必要です。

無駄吠えをしたらどうしていますか?そのまま放置?犬の傍に行って吠えたらダメと言い聞かせていますか?それとも、吠えないように遊んであげていますか?

どれもやってはいけない事です。

それらを犬の立場になって考えると、そのまま放置すると悪い事とは理解できないし、傍によって言い聞かせたり遊んだりすると、人間の言葉は理解できないし吠えれば相手をしてくれるので、悪い事とは理解できないということになります。

それでは、どうするかと言うと、犬の相手をせず吠えたら間髪を入れず直ぐに怒る、後から思い出したように怒ったり、散々吠えた後に怒っても何に対して怒られたのか理解できません。

怒った後には傍に行ったり相手をしたりせず、無視してください。

主人が怒っていることを理解できないようであれば、犬の嫌がることをします。

たとえば、嫌いな音を聞かせるとか、嫌いな匂いを嗅がせるとか、小屋を叩くとか、水を掛けるとか、最後は体罰になりますが、新聞紙を丸めたもので叩くとか、それでもダメなら細くて丈夫なもので急所を外して叩くとかをします。犬の居る場所まで遠い時には水鉄砲という手もあります。泳げる犬でも水を掛けられるのは嫌がります。

吠える毎に間髪を入れずにやります。今回は大目に見ようとかではいけません。

それを何度か繰り返していると、吠えると主人に叱られるということが理解できるようになります。

でも、そこでもう大丈夫と思ってはいけません。ほとぼりがさめた頃に、徐々に様子見で吠え始め、そこで怒らないとまた以前と同じように吠え始めます。

強情な犬だと主人との忍耐比べになるかもわかりません。でも、諦めるといつまで経っても悪い癖は治りませんよ。


次は人間に飛び掛かる癖です。

飛び掛った時に、頭をヨシヨシと撫でたりしていませんか?

これも無駄吠えと同じで、それをしたらダメだと理解させるような事をします。

たとえば、飛び掛った毎に、前足を何かで叩く、前足を捕まえて強く握る、前足を捕まえたまま後ろ足を強く踏む、同じく前足を捕まえたまま後ろ足を横から払ってこかす、理解力がある犬なら前足を持って床に置くことを何度か繰り返しているだけでしなくなることもあります。

この癖を完全に無くすには、接している全ての人がやらないと、この人にはやっても良いとか悪いとかを犬が判断しだします。

次回は、指示に従わせる方法です。

スポンサーサイト



コメント

ブリタニー

大分で初めてブリちゃんを見ましたが、あんなにハイパーだとは思いませんでした(笑)。
スタミナもあるそうですね。

我が家も犬の躾は
「その時その場ですぐに」
です。

川ガニさんにしつけて欲しいと思う出来の悪い人間がたくさんいます(@@;)。

まっきー さん

「その時その場ですぐに」が基本ですね。でも、もっと良いのは犬がやろうと思った瞬間に怒ることです。

シェフ さま

お座りとお手くらいなら教えますよ(笑)

待っていました。ブリタニーの躾!
ほとぼりがさめた頃に又・・・・そうなんです、結局根負けした代償で散歩の「ツケ」と飛び掛りはご覧になった通りで・・・・
 現在はというと、お陰さまで驚くほどしなくなりましたが、「後」は最初に比べると3cm位前方になってますので、誤魔化されない様に徹底しようと取り組んでます。

全ての人が徹底しないと飛び掛りは直らないのは良く分かります。相手が怒らないかどうかをちゃんと知っていて核心犯だなぁーと思っていました。
私には大分しなくなったのですが、母や可愛がってくれる近所の人にはまだ。。。。
 お腹に肉きゅう跡をつけてしまうので、すみません・・・とハンカチで拭いてます・・・

しなくなれば、こんな嬉しい事はありません。 この機会に皆で取り組んでいます。
次回の指示に従わせる方法、なんだろうー

ニライママ さん

3cmが10cmになり50cmになり、そして元の状態になります(笑)
しつけは、主人の言葉と行為を犬が理解できているかどうかを見極めながら勧めてください。
次のしつけの記事はなんなんでしょうね?私も興味があります(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/264-9104e8f4

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">