FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

挑戦状

昨日の夕方に柵を設置している場所の農家から、イノシシは入っていないのに柵が閉まっているので開けに来てほしいとの連絡があり、夕方に現地に行き作業を済ませ別の柵を見回るために県道を走っていました。

時間帯は5時台後半ということもあり、帰宅途中の車で交通量が多くなっていました。

以前に稲の被害があった場所の山裾を走行中、突如目の前を大きなイノシシが横切りました。

危うく激突しそうになったので、急ブレーキを踏み横断するイノシシを見送りました。

かなり大きく100kg近くありそうなオスイノシシでした。

そのイノシシが横断した場所は、以前からライスイノシシが山から出てきている痕跡がある場所でした。

よりによって、その一帯でイノシシの駆除している私の目の前を挑発的に横切るとは・・・

この行為は、間違いなくイノシシから私への挑戦状です。


このイノシシは、今年、2度捕獲に失敗しています。

一度は、なんとか柵に誘い入れたのですが、作動用の金具とワイヤーが絡まり扉が落ちきらず15cmほど開いた状態で止まり、その隙間から鼻を入れ扉を押し上げて逃走しました。

IMG_3711.jpg

もう一度はくくりワナで、ワナの中心を踏ませることに成功したのですが、ワイヤーが作動するタイミングが遅く、前足の通過後に作動し後ろ足を踏む前にくくっていたようでした。

IMG_4107.jpg

くくりワナの失敗は、私が手間を惜しんで、穴を掘らずに作動する方式を考えつき実践したことにあります。

この2度の失敗で、最近は出没していなかったのですが、私へ挑戦状を叩きつけ出没を開始したようです。

度重なる捕獲の失敗で、このイノシシにはかなりの知恵がついたでしょうから、獲るのは難しそうです。

できれば、見て見ぬふりをしたいところですが、挑戦を受けたからにはそうもいかないでしょう。

あの筋肉隆々でよく太った硬そうな肉の大イノシシを、牡丹鍋にして地元農民に振舞うことをここに誓います!

あ!いや、誓うのはやめときます。

獲るように努力します。  

スポンサーサイト



コメント

負けるな!隊長!!

何たる大胆不敵な!
隊長殿、完全に舐められていますよ(笑)。
何としてでも仕留めて、固くて噛み切れないようなお肉を振舞ってください!!

昔、川ガニさんと同じような状況でイノシシを車で跳ね飛ばしたバカチンがいたそうです。
イノシシは見事に20メートルほど吹っ飛び・・・、、、
何事もなかったかのようにスックと立ち上がり山に消えていきました。

車の修理代は40万円ほどかかりましたが(笑)。。。

シシの腹の中

「おっアイツだ。ど~れいっちょう目の前でも横切ってやるか・・」。「あはは。きょとんとして悔しそうな顔をしてるしてる」。「オレさまをそう簡単に捕まえようなんて100年早いわ」。「へへん。おまえごとに捕まるオレさまではない」。

きゃはは

まっきーさん

そのバカチンて誰のこと?もしかして自分の事ではないでしょうね(笑)
私も一瞬、車で体当たりしようかと考えたのですが、相手があまりにも大きく私が乗っていたパジェロミニが大破しそうだったのでやめました。体高が車のボンネットの高さまであるように見えましたよ。

シェフ さま

最後にお尻ぺんぺんはしませんでしたが、たぶん、そんなことを思って私の前を横切ったのでしょう。今に見ておれ!目にもの見せてやる!でも、獲れても大きすぎて車に乗せるのが大変そうです。手伝いに来て~~!

そんなにでっかいのが獲れたらハム用に片ももを予約させてください(~~)。

シェフ さま

了解しました。獲れたら片ももはシェフのものです。片ももでも10kg近くあるかも?濃厚な味のハムができますよ。もう獲れた気になってます(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/267-55bebe95

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">