狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

スキ焼

昨日、イノシシの被害報告があり、役所の担当者と一緒に被害者のお宅に行き、事情を聞いて被害場所を視察しました。

IMG_4208.jpg

この付近に毎晩のようにイノシシの群れが出没して野菜や果樹に被害を与えたり、付近を掘り返してミミズなどをあさっているようです。

イノシシが好物の野菜は食べつくし、桃の木は折ってまで果実を食べていました。

畑の持ち主のお宅は、この畑の横なので夜に犬が吠えた時に覗くと、黒い塊が何個も見えたそうです。

夜だと人が2mくらいに近づいても知らんぷりをすることもあるとか。

以前に網を畑の周りに張っていたそうですが、網の隙間から入り込み荒らしてしまったそうです。

対策としては、イノシシが入って来ないように周りに柵をすることと、増えすぎたイノシシを減らすことになります。

柵をするのは自費になりますから、何十万円もかけてするのは大変でしょうね。

私たちは、イノシシを獲ることでしか被害を減らすことはできません。

獲る方法としては柵とくくりワナですが、柵ですぐ獲るのは難しいので、状況を聞いた後に裏山に入り最もよく使っている獣道を探して、くくりワナが設置できる場所を見て回りました。


山に入るとキノコの時期らしく、少し湿り気のある場所にはキノコが生えています。

私はキノコには詳しくないので、持ち帰って食べれるものが解りません。

これなんか美味しそうなんですけどね(笑)

IMG_4209.jpg

この山には、昔からマツタケが生えており、権利を買って採っていた人が最近まで居たそうですが、今は誰もおらず採り放題のようです。

本題のイノシシの獣道は良い場所が見つかったので、後日くくりワナを設置することにしました。

ワナの見回りのついでに、マツタケを探してみようかな?

どちらもとってないけど、マツタケ入りのイノシシのスキ焼なんか美味しいでしょうねえ~(涎)

スポンサーサイト

コメント

獲らぬタヌキの・・・。

う~ん、よくわからないキノコですね(笑)。
マツタケと猪肉なんて贅沢~。でもそんな山だったらマツタケの期待はかなり大ですね。さあマツタケが先か、イノシシが先か。みんなで賭けましょうか(笑)。

脂肪肝

昨日人間ドック行ってきましたがほぼ脂肪肝でした。
中性脂肪の値が高くどうも7・8月での桃の食べ過ぎも影響してるような・・・
最近動物性タンパク(焼肉)が無性に食べたくなるのはそのせいでしょうか?
でも脂身は避けて赤身を食べるよう食事指導までされては・・・ミミズが最適?

桃猪も僕と同じく動物性タンパクを欲しているようですね^w^

深刻ですね

せっかく育てた収穫の時をぜんぶ猪に持って行かれるのはたまらないですね。
行政もナイトビジョン装着の銃で夜間の銃猟をやらせてくれればいいのにね。湾岸戦争で使ってたナイトビジョンは昼間のような解像度らしいですよ。一台数百万円らしいですけど・・

セラヴィさん

私は、どちらも獲れない方に5000点!最下位の人はこのキノコが食べれるか毒見をすると言うのはどうでしょうか(笑)イノシシが見向きもしないということはチョイヤバイかも?

エアーマニア さん

あれだけ毎日糖度の高い桃を食べ続ければ、脂肪肝になってもおかしくないですよね。私も診断書をもらいに行ったついでに血液検査をしましたが、未だに結果を聞いていません。聞くのはやめとこっと(笑)
ぬ~ちゃんがkeyになりそうですね。ぬ~ちゃん獲りに行って食べますか?(笑)

シェフ さま

実はこの時も、役所の方に「夜間銃猟の特別許可を出して!」と冗談交じりに言いました。すると「私の知らないところでやってください」と言われました。アメリカじゃ当たり前のようにやってるのに日本では、そんな許可が出た事例は無いんでしょうね。でも、確実に成果は上がりますよね。危ない!危ない!(笑)

狩猟民族たるもの…

何とかして夜間に捕獲できる手立てはないんですかね?
こう、ワナとか受動的なものじゃなくて、こちらから能動的にできるような…。

2メートルくらいまで近づけるなら、5mくらいの槍なんかダメですかね? 
カエシが付いていて一度刺さったら抜けないような。
禁止猟具ですか?

じゃあ、投げ縄なんかどうです(笑)?

まっきー さん

槍を使ってもあまり近くで刺すと、即倒すればいいですが反撃が怖いですね。
まっきーさんなら飛びかかってナイフで刺すという手もあるでしょうが、私には無理です。
投げ縄はイノシシに引きづりまわされるのでは?
飛び道具は違反ですし、難しいですね。
法律を遵守すると有効な手立ては、な~んにもありません!夜の世界は動物が支配者となります。

こんなんはどう?

私有地内なら落とし穴がいいですね。落とし穴は皆禁止だと思っているようですが、あれは「危険な落とし穴」と言う「危険」が付くものに限られます。

つまり危険じゃない落とし穴はOKと言う解釈が成り立つわけです。では危険ではない落とし穴とはどう言うものか。それは人間が落ちても骨折しない程度でかつ階段などが容易に使えるシステムのことでしょうね。

でも人間が落ちたときにかすり傷や捻挫をした程度でも法律の世界は「危険性あり」と判断します。なのでこの場合は他人が容易に入り込めない私有地内であれば可能性が開けますね。でもシシを落とすにはユンボで掘らなければならないのでかなり大掛かりですね。

農家は年寄りばかりで畑に囲いも出来ないから駆除依頼が来るのに、落とし穴なんて夢のまた夢ですね(笑)。

一番いいのは川ガニさんが穴の中に隠れていて、猪が来たら真下からヤリで刺すってのはどうでしょう。まっきーならやりそうですね(笑)

まつたけ

こっちは森の中に生えてるベリーとかきのこは誰の所有に限らず採っていいみたいなんですよ。
あぁ、マツタケ・・・採り放題のはずがうちの近所にははえてません。
こちらの人にはあの香りがだめなようです。だからもう生えてたら採り放題なんですけどねぇ・・・。

赤くて白いポツポツがあるのは見るからに毒キノコでまちがえなくていいんですが、フィンランドには白い猛毒のきのこがあるのでそれを間違って食べたら命の保障はないようです。こわ・・・。

シェフ さま

ホコで急所一発!は、まっきーさんの得意技ですから、お任せしたいです。空気中だと威力は何倍にもなりますから、100kg程度のイノシシならいちころでしょう(笑)
昔々、落とし穴はイノシシを獲る有効な手段だったようですね。時々、「落とし穴でも掘ったら」と冗談で言っていますが、怖いのは掘った本人がそれを忘れて落ちることです(笑)

Hiro さん

今日マツタケもらっちゃいました!えへへ、今シーズン初です。何して食べよかな~。

そちらで松茸風味のすまし汁なんか飲んだら大変ですね(笑)子供はどう?嫌いなの?

わかりました!!

川ガニさん、シェフ、その役目私が引き受けました!!
最近ホコでの魚突きに目覚めたせんちょうさんにも待機してもらい、私がハズした時の保険にしましょう(笑)!!
特に100kgを越える大物は、体の大きなせんちょうさんにお任せするということでお願いします(爆)!!

まっきー さん

お~~、正義感の強いまっきーさんとせんちょーさんを特別駆除員に任命します。野人のせんちょーには刃物は不要でしょう。カエルはだめでも100kg程度のイノシシくらいでしたら素手の一撃で倒せます(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/268-16be80a9

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">