狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

両目開眼(Ⅱ)

翌日は、午前中にヤマドリ猟をして、午後よりテンを出してキジ猟をしました。

田畑と荒地が混在する猟場です。

1つ目の田んぼで法際を歩いていると、テンがキジの匂いに着臭した素振りを示し、何度も法面に上がろうとしますが、手前の水路から上には上がれません。

上がる場所を変えようと前方に歩いて行くと、突然その法面からオスキジが飛び立ち私の前を斜めに横切りました。

すぐに挙銃して1発目で打ち落としました。

テンはその光景を見ており、すぐにキジのところに走って行きました。

私がその様子を見ていると、突然、同じ場所からもう1羽オスキジが飛び立ち同じコース飛びました。

これも同じく1発目で打ち落としました。

最初の1羽は都合が良いことに、半矢で逃げ回っています。

それを、テンは追い掛け回してくわえ、運搬して来ました。

これも最高に良いお勉強になったようです。

こういう場面が子犬には必要なんです。

でも、雨上がりの田んぼでの鬼ごっこで、キジは羽が抜け泥だらけになってしまいました。

F1000934.jpg

その場所が終わったところで、記念撮影をしました。

IMG_4527.jpg

猟友との猟果です。

IMG_4528.jpg

この後にもう1羽ヤマドリを獲って2日間の定数8羽となり今回の出猟は終わりました。


テンは、春に訓練していた頃のように切れのある走りと、主人中心の捜索が復活しましたね。

今回で猟も少しは理解できたと思いますから、まずまずの成長ぶりでしょう。

YKハリマオー氏が飼っている”テン”と同腹の”ルーシー”はとても良くなりビックリです。残念ながら、今の所”テン”は”ルーシー”に遅れをとっている感じです。

この差は、主人の熱心さの違いからきていると思います。そう、テンの成長が遅いのは私のせいなんです。

あれこれと色んな事をやり過ぎると、どれもが中途半端になるということですね。

みなさんも、お気をつけください。

スポンサーサイト

コメント

ご無沙汰しております

川ガニ様、遠征猟お疲れさまですm(_ _)m
テンちゃんの成長ぶり拝見させていただきました
撃っても撃ってもは今猟期を休猟にしてます(汗)がマックス君も相変わらずの中途半端な訓練だか散歩だか(最悪)を繰り返してます(どうも、呼び返しが悪い)
機会がありましたら、是非テンちゃんの猟を見学させていただきたく思います

いいかんじですね~

先日は色々話を聞いていただいてありがとうございました。大変勉強になりました。テンちゃんいい経験してますね~~うちも早くたくさんの雉を噛ませないととあせってはいますが、自分が打ち落とすこともできず、困ったもんです。雉にあたったときのメイはまずまずなので、やはり落としてやらないとですね。

撃っても撃ってもさん

お久しぶりですね。最近はそちら方面の方の様子が解らないのでどうしているかな?と思っていましたが、今年は猟を休んだんですね。子犬にとっては重要な年だったので残念です。
キジ、ヤマドリ猟は、隔週の土日しか行かない予定です。猟の見学はいつでもOKなので、連絡してください。

たけ さん

先日はわざわざ電話をいただきありがとうございました。いくらかでもお役に立てば何よりです。
初心者ですから、鉄砲が当たらないのはしょうがないですね。私も当たらないんですが、それでも時々は当たって獲れます(笑)
猟期はまだまだありますから、よいチャンスに恵まれて獲れることも多々あると思います。頑張って出猟してください。

やった!

テンちゃん頑張りましたね!1つ1つ経験して、自信をつけて成長していくんだな~
背中から成長が伺えます。
産まれたパピーのオレンジホワイトの仔犬とテンちゃんのカラーが似ているので、益々感情移入してしましました。猟期は始まったばかりテンちゃん応援してるからねっ

先日実家にヤマドリの剥製(メス←写真茶色の方)を発見しました。(そういえば小さい頃あった!)聞くと35年程前に猟をしている知り合いから『あまり獲れないし、そんなにいない鳥』だからと頂いたそうです。
改めて見ると尻尾も長く立派で、猛々しい感じですね、でも話によると「あまり居ない鳥」!川ガニさんバンバン採ってますよね、やはり凄いです。

ニライママさん

テンちゃんのカラーは、濃いブッシュでも動きが見やすくてとても気に入っています。今度の子犬もそういうのが良いかな?と考えたりもしていますが、まだまだ引っ張ります(笑)

写真で緑や青のカラフルな方は、キジ(オス)で、地味な方がヤマドリ(オス)です。

キジは里の鳥なので、田畑や牧草がある地域に生息していますが、ヤマドリは山に居る鳥ですから人目に付くことが少なく数が少ないと思われている様ですが、実際にはキジに比べると大量に生息しています。だって、日本て山ばかりですからね。
ヤマドリが絶滅危惧種なんてことを言ったりしていますが、良い猟犬が居ないので出会わないからそんなことを言ってるだけで実態を知らないと思います。と熱く語る私(笑)

おお!

デビューイヤーに定数きちんと獲れるなんてすごいじゃないですか!!しかも回収まで。
やっぱり飼い主が熱心だとちがいますね~。

ブリタニーは鴨の回収はしるのですか?ポインターの場合、匂いが違うのか嫌がるヤツがいます。(って、うちのボンクラポインターのことですが。笑)

びでんと さん

飼い主はサボりですが、テンはヤル気があるようです(笑)

ブリタニーは基本的に撃ったものは何でも回収するようです。変わったところでは、ウサギやタヌキも回収しました。
元来ポインターは回収犬ではないので、やらせるのが間違いなんですよ(笑)

大活躍!

いいですね~!ますますテンちゃんに磨きがかかってきたではないですか!近くだったら是非その働きぶりと川ガニさんの訓練風景を見に行きたいです!

キジヤマドリがこれだけ並ぶとさすがに圧巻ですね。

お見事ですっ!

セラヴィ さん

獲れているには私の鼻が利くからで、テンが急成長したわけではないんです。まだまだこれからですが、重要な部分で良い素振りが見えたのでそれが良かったです。

犬の捜索振りを見るのは楽しいと思いますよ。近くに引っ越して来て見て下さい(笑)

シェフ さま

鳥を獲りに遠征して来ていますから定数は確保したいと思っていますが、そうそう都合が良くいく事ばかりではないですね。だから面白いんですけどね。

犬のウ○チを克服して、一緒に鳥猟を楽しみましょうよ~(笑)

川ガニ様

そうですね
子犬にとって大事な猟期よく分かってはいたんですが、私の師匠が休んだって事と猟期前に出会いが少なかったらしくて…
受けん方がえぇで
って教えて貰ったんで
土、日の出猟ですね
仕事が休みになりました時には連絡させていただきまぁす

撃っても撃っても さん

今年は、私の予想通り鳥が多い年になりましたよ。毎年、猟期前には「今年は、はずれたみたいだ」と皆に言われますが、10年以上はずれていません。
今からでも受けて師匠に連れて行ってもらったらどうですか?鳥を獲ってやると、犬が目覚めて見違えるようになるかも解りませんよ。
呼びが悪い犬は、鳥に合わせて獲ることが難しくなりますから、日頃からの接し方を考えた方がいいでしょう。ブログの記事のなかにある”しつけ”で強制して教えるやり方を試してみては?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">