狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

食べ比べ(ヤマドリ、地鶏)

先週末の猟で泊まった宿の夕食は、地元特産の地鶏鍋にしました。

猟では究極の地鶏である、キジ、ヤマドリを獲りに行っているのに、夕食は飼育している地鶏を食べるというのも変な話ですよね。

そこで、その日に獲ったヤマドリと地鶏を食べ比べてみることにしました。


写真は、本日捌いたヤマドリです。

食べ比べの時に写真を撮っていなかったので代わりにこれでも見てください。

脂は、まあまあ乗っています。野生のものですからこんなものでしょう。

F1000955.jpg


こんな風に解体します。

F1000957.jpg


あとは切って食べるだけの状態です。

F1000958.jpg

食べ比べは、まず、地元特産の地鶏から。

鍋の味つけは、これも地元特産の味噌を使った味噌味です

地鶏と言っても、そんなに身が硬くはなく肉に味があり脂も乗っています。

予想以上の美味しさです。


次は、ヤマドリです。

肉に癖がなく噛むと旨みが口に広がり、嫌味がまったくありません。

やはり、究極の地鶏だけあってヤマドリは最高に美味しいです。


次に、確認の為もう一度地鶏を食べてみると・・・え~!!!・・・鶏臭~い!

これはいけません!食べる順番を間違えると大変なことになります。

鶏は食べなれているので、臭いに慣れてしまって違和感を感じなくなっていたようです。

地鶏って鶏臭~い!って鶏だから当たり前!鶏嫌いの人の気持ちがわかります。


今回の食べ比べでは、ヤマドリの美味しさを再確認できました。


このヤマドリは、販売が禁止されていますから、この記事を読んで私も食べてみたいと思っている方、お店では売っていませんよ。

これぞ猟師の特権です!

ヤマドリを食べてみたい方は、鉄砲の所持許可をもらい、狩猟免許を所得して、犬を飼って狩猟を始めてください。

そうすれば、ヤマドリが好きなだけ食べれますよ。



この記事が、狩猟人口の増加に役立てば幸いです(笑)


スポンサーサイト

コメント

鶏の癖

うちの母も鶏の匂いが嫌いであまり食べません。私は平気ですが(笑)。キジやヤマドリにはその匂いは無いから、鶏が苦手な人でも食べられますね。
解禁当初からセンチョーにオーダーしているのですが、未だ届きませんわ(笑)。今期一杯待って届かなかったら、来年は犬を飼ってみようかな~~。

このヤマドリ君、脂の色、肉質なんかはホロホロ鳥そっくりですね。ホロホロ鳥も鶏臭が全然しなくて、極めて美味です。
「地鶏」と言っても、飼育方法、品種、年齢などでかなり差異がありますね。そちらの特産の地鶏の品種がわかれば是非教えてください。一度食べてみたいと思います。

(笑)

この記事は明らかに誰か特定の人間に向けて発信されたものですね(笑)?

あ、もうすでにブリタニーを飼われているニライパパさまですね!

セラヴィさん

こんなにも強烈に鶏の臭いを意識したことは初めてです。慣れって凄いですよね。
地鶏の品種はわかりませんが、大山地鶏とか日南地鶏とか言うみたいです。
ラブでもキジ、ヤマドリを出すことは可能ですよ。一度試してみてください。
次回は、キジとヤマドリを食べ比べようと思っています。予想では、ヤマドリの方が美味しいと思いますが、個体差もあるし好みもあるのでどうなるでしょうか。
別々に食べるとわからなくても食べ比べると色んな発見がありますね。

びでんとさん

この記事は、食いしん坊の日本中のびでんとさんに発信したものですよ(笑)

それと、ヤマドリのことを誤解して認識しているジビエ料理本に対してです。

うまそ~

そんな簡単にヤマドリはとれませんよね?キジは取れるかもしれませんね。うちは師匠がいるのでヤマドリいっぱい見れます。はやく自分でヤマドリやキジを落として食べてみたい。この前食べた鴨のつみれもサイコーだったし、シェフ様のところで食べた鴨のローストもうまかった~~娘が大絶賛でした。鹿肉もうまかったし、山で取れるきのこなどもほんとにおいしですね。
でも今年は猟に出られないかもな~いままで暇だった仕事がここにきてあれもこれも今年中とか言い出してます。うちの犬のためにも猟にでたいな~、シェフ様の猟に一緒に行って回収だけでも手伝えたらとか調子のいいこと考えています。

地鶏とヤマドリの食べ比べなんて、本当に猟師の特権ですね
同じ鳥で味が違うなんて、スーパーで並んでいるパック入りの鶏肉しか食べたことがないので想像できません。 あれが臭い?確かに古くなると臭いけど・・・・ヤマドリってどんなにオイシイのだろうーーーーーー

ちなみにずっとキジがヤマドリのオスで、茶色いキジ(本当はヤマドリ)がキジのメスって思っていました。そしてヤマドリ=山の鳥全部。
川ガニさんに教えて頂くまではホントに信じていました。

こんなバカな事、「狩猟民族」に書き込んでチャレンジャーですが(怒らないで下さい)、知らないって不幸ですね・・・・自分の「食」がなんて貧相なんだと毎回思わされます。


夫婦揃って

記事を読んで「おお~流石、川ガニさん。しかもヤマドリがそんなに美味しいとは!販売は出来ない?シェフ様のお店でもダメなんだろうか?やはり、銃の許可を取ったほうが。。。やっぱりレミントンの。。。」などと妄想を膨らませて、コメントを見てみたら、見事にびでんと様に見透かされていましたね。
そうブリタニーはいるんです。しかも今は母犬ニライに加えて子犬が5頭、計6頭も!
(たけ様、いつ見に来られます?一杯来られてますので、ご遠慮なく!(笑))
話は違いますが、かわいいですよー!セラヴィ様、シェフ様、是非、「犬で猟を!」
あ、私は「猟を、犬で」か。。。(爆・悩)
川ガニ様、ジュニアたち、すくすく育ってますよー(育ち過ぎかもです。。。汗)

たけさん

ヤマドリは山に行けばたくさん居ますからわりあい簡単に出会えると思います。でも、見えにくい所を飛ぶことが多いので、出会いは多くても獲れる数は少ないですね。キジは反対に出会いは少ないですが見えるところを飛ぶので獲れ易いと思います。
え!シェフのお店で料理を食べたんですか?いいな~!私も年明けに突然訪問してビックリさせようかと考えています。実現すると嬉しいのですが。
仕事が忙しいんですね。もうすぐ正月休みですから、その時に取り返して毎日猟に行ってください。

ニライママさん

猟師の特権をフル活用している私ですが、スーパーで並んでいる鶏肉も美味しく食べますよ。でも、今回の件で食べ比べるとこんなに違いがあるのかとビックリしました。あまりの違いにスーパーでは買えなくなるので食べ比べはお勧めしません(笑)

ニライママに限らず一般の方は、ヤマドリは山にいる鳥全てのことだと思っています。ですから、説明する時にはキジ科のヤマドリという種類でキジと同じくらいの大きさの鳥です。と言っています。でも、実物を見ないと解ってもらえませんね。そのうち、ニライパパがたくさん獲って帰るようになりますよ(笑)

ニライパパさん

シェフのお店なら、今後は代金の要らないサービス品として食べれるかも解りません。なんだか私の口車に乗って犬がほしくなっているようですから(笑)
もしかすると、ニライの子を1頭よこせ!と言うかも解りませんよ(笑)そうなったら私の取り分を譲らないと仕方ないかな~?もう一度パルを掛けますか?(爆)

ニライとその子供には、無駄飯食わさず猟で働かせましょうよ~(笑)

キジヤマドリの販売は生体死体に限らず国の許可が要りますが、ハンターである私が獲って料理として売る分にはなんの問題もありません。しかし私は腕が悪いのでそうそうは獲れないのであります。従って犬がほしいのですが犬はウ○チをします。私はそのウ○チが大の苦手。

実は私の実家では私がもの心付くまでかなりの種類の犬を飼っていました。なので基本的に犬は好きなのです。しかしウ○チだけはどうにもこうにも好きになれませんでした(~~)。

今期も犬さえいればキジなど軽く10羽は私の手中に・・。しかし現実はまだ3羽。なんだかねー(@@)


たけさん先日はどうも。私の猟法はとっても特殊なやり方なので果たして一般的なハンターさんには受け入れられるかどうか・・・(笑)


川ガニさん、突然訪問だなんてそんな(@@)
どうせならヒマでガラガラの時に来てください。そうしたら一緒に遊べるでしょ。ほほほ

シェフさま

ネコは飼えるのに犬はダメというのが面白いところですね。犬にネコという名前を付けて飼うというのはどうでしょう?それならネコのウ○チになりますが(笑)

回収だけならネコに回収させるという手もあるかな~?でも、無理っぽいな~?(笑)

訪問は1月中旬くらいにと思っていますが、何の段取りもしていないのでどうなることやら。

ヤマドリは売ってませんか?  残念(笑)  美味しそうだけど食べるためのハードがσ(^^)には高いですね、飼い犬からしてパグ犬では‥‥「狩り」というより「お笑い」のカテゴリー、 ネコのほうがましででしょう(笑)

Re: タイトルなし

ヤマドリは売っていませんし、獲っている人も少ないので一般の方だと食べる機会はないでしょうね。
ネコで猟をしてみるのも面白いかも(笑)私的にはパグ犬の方が猟になるような気がします。でも、連れて行きたくはないな~(笑)

やまどり

 やまどり貰いました、剥製にします。肉は食べようと思っています、料理法教えてください

うしくん

鶏と同じ調理方法で美味しく食べれると思います。お勧めは、「やまどりのバンバンジー」です。以前にアップしました↓
http://huntingfactory.blog112.fc2.com/blog-entry-27.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">