狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

忍者

猟師の方なら経験があると思いますが、カモの半矢を捜すのは大変ですよね。

私も、何度も”へ~!”と言うような経験をしました。

今年になってからも、そのような出来事がありました。

IMG_4577.jpg

正月の2日に、日没までに1時間ほど時間があったので、川にカモ狙いで空気銃猟に行った時のことです。

運良くカルガモの群れを発見!距離55m、頭を羽の中に入れて寝ている固体が居たので、その頭に狙いをつけて発射!群れは飛び立ち、あとには1羽のカルガモが横たわっているだけ・・・と思っていたら、なんと半矢だったようで泳いで川を下って行きます。

半矢ガモから目を離さず、その様子を見ていると、岸辺の流れがよどんだ場所で姿が見えなくなりました。

川を歩いて渡り、その場所付近を捜索していると、何かが通った跡なのか少しだけ石が濡れている場所を発見!

その先には、直径50cmほどの水溜りがあり、枯れた草が少しだけ覆いかぶさっています。

居るとしたらここかな?と思い、30cmくらいまで顔を近づけて様子を見ましたが、カルガモらしきモノは見当たりません。

うん~、ここではないのか!

他を見渡しても、隠れるような場所は見当たりません。

川を渡るときに、下流で1羽のカルガモが飛び立ったのを見たので、もしかするとそれかな?と思いましたが、あそこまでは逃げていないような気がするけど?としばし考えていましたが、やはり、先ほどの水溜りが気になります。

もう一度、その水溜りを角度を変えて覗き込みましたが、やはり居るようには見えません。

やはり居ないのか?と思い川を渡って帰ろうかと思いましたが、石に残っている水の跡が気になって仕方ありません。

銃を置いて、ゆっくりとその水溜りを観察していると、な、なんと!頭らしきモノが見えます!

そして横から覗くと、尾羽の様に見えるモノの中に白い羽らしきモノがあります。

これは、間違いなくカルガモのようです。

再度上から見ると、やはり、頭らしきモノしか解りません。

このまま、両手で押さえ込もうかと思いましたが、以前に同じような場面で片手でしたが捕まえる寸前で逃げられたことがあったので、空気銃で確認できた頭に・・・パシュ!

あれ?動かない!違ったのかな???

枯れ草で見えにくいのですが、カルガモの胴体らしき場所を両手で押さえてみると・・・

居た!やはり居ました!

弾は頭に当たっていますが、動かずに居たようです。

さすが!野生の動物は生命力が違いますね!

これで今年最初の獲物を、なんとか日没までに手中に納めることが出来ました。



同じように粘って、何とか手中に納めた経験て、みなさんもありますよね?

バーゲンセールの品とか年始の福袋とか(笑)

スポンサーサイト

コメント

すごいですね!

半矢のカモが
・水の中に潜って水草をくわえたまま死んでしまう
・水の中から嘴をほんの少しだけ出して敵をやり過ごす
なんて話しをよく経験したり聞いたりしました。
野生動物のそんな命がけのやりとりを目の当たりにすると、生命のすごさを感じずにはいれません。

えーちゃんです。

以前に大捕り物をした事が有ります。
わんこ達出動で、カルガモは水に潜るしわんこは走り回るし大騒ぎでした!


半矢で見失った鴨達は2桁を超えました(笑)


今までで最高の獲物は嫁さんです(照れ笑)






のはずですが、自分の足には鎖が付いてます。
これはなんでしょう?

私はマガモがくちばしだけ出して垂直に水に隠れて死んでいるのを発見したことがあります。彼らも必死なのでしょうね。

川ガニさんと同じ経験はキジであります。向こうは必死に隠れているのですがこちらからは目だけが見えます。エアで目を狙ってイチコロでしたが、なんとなく自分が卑怯な感じがして後味の悪い思いをしました(@@)

まっきーさん

そういう経験は、カモ撃ちをしたことのある殆どの猟師が経験しているようですね。
って、あれ???まっきーさん、お久しぶりですね。
インフルエンザかなりひどそうですね。お大事にしてください。
あなたは鳥ではありません!空は飛べませんよ!

えーちゃん

>今までで最高の獲物は嫁さんです(照れ笑)

さぞ美味しかったことでしょう(笑)


> のはずですが、自分の足には鎖が付いてます。
> これはなんでしょう?

水に潜って逃げないようにでしょう(笑)

仲が良くて何よりです。ごちそうさま~~

シェフさま

そうですね、反撃できない相手を鉄砲で撃つんですから卑怯と言えばその通りでしょうね。でも、鳥が反撃してくるんだたら怖くて猟なんかできないでしょうね。四足と違い死角の空からいきなり襲われたら逃げることは難しいでしょう。ん?どこかでそんな映画を見たような?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">