FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

桃の威力は絶大!

本日、ウリ坊(11kg)が2頭獲れました。

IMG_5092.jpg

最近は毎日のようにイノシシによる桃の被害届と駆除以来が出ていましたが、米ヌカのエサは好きではないらしく、なかなか柵には入りませんでした。

昨日、被害農家から電話があって、「桃のエサをキャリーに2箱用意しているので柵に入れてください」とのことで、すぐにもらいに行き入れておきました。

すると、今朝の6時頃にイノシシが獲れていると連絡があり、現地に行ってみると映像のウリ坊が入っていたとうことです。

先週の金曜日にも肥料袋に1袋エサ用の桃を頂いたので、柵に入れて置くと日曜日に6kgのウリ坊が2頭獲れました。

やはり、この辺りのイノシシは桃が大好きで、それ以外のエサにはつられにくいようです。

でも、大きなイノシシは柵の傍まで来ていますが、中には入って来ません。

作動方式をタヌキが誤作動しない方式に変更した為、親ジシが入る前にウリ坊で作動して扉が落ちてしまうのも入らない原因の一つでしょう。

親ジシが警戒心を解くまで、桃のエサを入れ続けれるほど収穫量が多くないので、ウリ坊でも仕方ないということも言えますが。


ここにきて、桃にイノシシが集結して来たようで、いたるところで活動した形跡があります。

初めは同じイノシシ達が、広範囲に荒らしているのかと思っていましたが、子の大きさが違うので別の親子です。

今年は数が少ないように思っていましたが、少なくとも昨年と同じくらいの頭数は居るような様子です。

ということは、昨年と同数の駆除では、増加傾向をくい止めることはできないということですね。

昨年以上に頑張れ!ということか・・・(泣)




スポンサーサイト



コメント

おそらく

猟師さんは少なくなってイノシシは多くなっていく一方だと思いますので、川ガニさんの苦労は年次的に増大していくものかと(笑)。
頑張ってください、駆除隊長殿(爆)!!

えーちゃんです


先月、大分市猟友会の総会に出席したのですが、
猪や鹿の増加は食い止める見通しもたたず、ハンターの急激な減少も
歯止めが掛からないそうです。

川ガニさんの出張願います!

今年以降加速度的に狩猟者の数が減ると思います。それは何故か・・。不景気だから狩猟なんてやっている場合ではないですし、加えて歳の人がぽっくりポックリ次々に逝ってしまうからです。そんな私と川ガニさんもあと5~6年でそんな人たちの域に足がかかります。それまで何頭のシシを駆除出来るか毎期ごとの日誌をつけておいて下さいね。

川ガニさんのお墓には駆除したシシの数の星を刻むと言うのはいかがでしょう(笑)

まっきーさん

先日、そのようは話を農家としていたら、農家も年寄りばかりで跡をするものが居ないので、10年後には猟師と一緒に絶滅するだろうと言っていました。そうなると駆除依頼が来なくなるので楽になります。でも、イノシシは爆発的に増え昼間でもウロウロするようになり、そして、人間を襲うようになるかも?

えーちゃん

> 猪や鹿の増加は食い止める見通しもたたず、ハンターの急激な減少も
> 歯止めが掛からないそうです。
やはり全国的に同じなんでしょうね。我が猟友会も猟期が終わってからすでに3人ほどがやめたそうです。年寄りばかりなので、次の猟期までには何人減るのか予想もつきません。
出張?・・・夫婦で仲良く手分けしてやっちゃってください(笑)

シェフさま

え?5、6年でポックリの仲間入りですか?あと少なくとも20年は元気で猟をしようと思っているんですけどねぇ。シェフは、私よりもっと元気そうなので30年くらいは大丈夫でしょう。
今年から急激に減りますか。ま、今でも名ばかりの者が多いですからね。

> 川ガニさんのお墓には駆除したシシの数の星を刻むと言うのはいかがでしょう(笑)
それじゃあ、シェフはシカの数で(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">