FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

鳥獣供養

日曜日の朝は、毎年恒例で行われている猟友会員の鳥獣供養でした。

F1001493-1.jpg

総メンバー50数人の内、来たのは13人と20パーセント台の出席率です。

集まる人は毎年決まった人ばかりで、猟友会の役員でも出席率が低いという状況です。

熱心な猟師が少なくなり、供養をしなくても大丈夫という捕獲状況、又は出猟日数ということなので気にならないのでしょう。

私は、熱心なだけが取り柄なので入念に拝みました(笑)



そして夕方には、今シーズン初めてのカラス駆除に行きました。

カラス駆除は、2人以上の団体行動が条件となっています。

今年は相棒が平日には仕事、私は休日に用事が多くて2人揃わず行かれませんでした。

でも、カラス専任の駆除員が15人以上はいるので、その人たちに任せておけば大丈夫だと思っていましたが、供養の後に駆除班長と雑談をしていると、十数回出動して獲ったカラスは5羽だとか。

どおりで会長が、私達にカラス駆除に行くように再三連絡してくる筈です。

暑さの納まった夕方の一時で、なんとか3羽を手にして、桃梨を作っている農家にカラス脅しに使う為に持って行くと、黄金桃のビン詰めを作っていました。

F1001496.jpg

ビンに生の黄金桃と砂糖を少し入れて、10分煮込みエアーを抜き、上下を逆にしてまた10分煮込みエアーを抜くと出来上がりです。

こうしておくと、1年間以上も保存可能なようです。

今年は桃の時期が終わったので、来年には作ってみたいですね。

それまで覚えていられるかな?無理だろうな~(笑)


スポンサーサイト



コメント

あー、川ガニさんは特にお祈りしたほうがいいですよ~(笑)

瓶詰めってこうやって作るんですね。
真空料理ですね。

確かにいろんな動物の霊がうようよと漂っているのが見えますね(笑)

熱心というより

川ガニさんの場合、心当たりが多すぎるので拝まざるを得ないのでは(笑)?

えーちゃん

他の人の3倍くらい長くお祈りしました(笑)

この農家では、瓶詰めを作るのは3年目だそうです。このやり方で長期保存が可能になったそうです。

シェフさま

この碑は、鳥獣だけではなく魚や虫も入っています。こうしておけば猟友会だけの碑ではなくなるので、碑の値段を全額払う必要がないそうです(笑)霊が多いのは、小さな動物も居るからでしょう(笑)

じゃんさん

動物の数としては、じゃんさんの方が遥かに多いでしょう。毎日ですもの(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">