FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

被害視察

ちょっと忙しくて記事のアップが遅れています。

昨日の事ですが、役場の有害駆除担当者とイノシシ被害の視察に行きました。

農家の方は、被害があると直接私に電話をして来るので、役場の担当者には被害の状況が伝わらず、被害が減っていると思われて駆除の許可を継続をしなくなります。

そうなると私は楽になって嬉しいのですが、農家の方としては困るので、時々役場に電話をします。

すると、役場から私に電話があり、現地の視察となるわけです。


今回は、稲に入りだしたとの被害報告です。

現場に到着すると、畦にはイノシシが歩いた跡があります。

IMG_5428.jpg

今回は、子連れではなく単独のイノシシのようです。

IMG_5432.jpg

稲を踏み倒した跡があります。

IMG_5433.jpg

それを辿って行くと、山から出てきたルートがわかりますね。

IMG_5429.jpg

この先には、栗の木があります。

山から出てきて、まず落ち始めで数が少ない栗を食べ、それでは足らず稲の中に入ったということのようです。

稲の被害報告は、今年では今回が初めてですが、これから頻繁に寄せられるでしょう。


この後、山から出てくるルートを案内して、別な被害報告があった場所へと向かいました。

そこは、毎年イノシシ被害があるので今年は休耕しているのですが、稲が無くても毎年この時期になると実ることを覚えているので出てきたようです。

そして、ミミズなどを食べるために掘り返しています。

イノシシも、もうドングリが落ち始めたのですから、それを食べに行けば良いと思うのですが、縄張りがあってどこへでも行かれないんでしょうねぇ。


その日の夕方には、猟友会分会の役員会議でした。

F1001517.jpg

狩猟登録の受け付けが月末から始まります。

あと2ヵ月で猟期が始まりますね。

我が家の2歳になった鳥猟犬テンにとって、今年は重要な年となりそうです。

そろそろ、長~い夏休みを終えて、訓練に行かないと・・・

スポンサーサイト



コメント

地元の皆様のためにご苦労様です。そちらで駆除に当たられている方々の平均年齢はどのくらいですか?農家の後継者問題も含め、日本の「農」はどうなってしまうのでしょうね・・・

田んぼの中に入ってくるとは本当に恐ろしいやつですね。
農家の方が丹精こめて作り上げた稲を食い、踏み潰す。
まともに生産できても単価はすくないのに・・・。
1次産業は大変なんだぞ!猪!


今度、猪が入ってきたら田んぼごと爆破しましょう(爆)

また来ました。罠について質問があるのですが、跳ね上げ式とひっこき、というのはどんな罠なんですか?

こちらでは山の中にエサが豊富なためか、イノシシによる農作物の被害が例年より少ないようです。
各駆除員のイノシシ捕獲柵にも殆ど近寄らないそうで、被害が無いのは結構な事ですが少々物足りないです。
サルもあまり出没しないし、山の中の栗やドングリを食べ尽くすまで、暫くは平穏な日が続きそうです。

シェフさま

駆除隊の平均年齢は、70歳くらいではないかと思います。農家の方も高齢化で同じくらいの平均年齢でしょうか。ですから猟師と農家の絶滅は同時期になりそうです。あとに残るのは、駆除動物のパラダイスです。

えーちゃん

えーちゃんも、駆除に参加して農家の方の苦しみを目の当りにすると、仕事など放り投げて毎日駆除に出動することにないますよ。でも、田んぼを爆破すると、猪より先にえーちゃんが駆除されます(爆)

ファットマンさん

跳ね上げ式と言うのは、バネが上に伸びる力を使ってワイヤーを絞る方式です。ひっこき?ひきずり式ならありあますが、わかりません。ちなみに、ひきずり式は、ひもで輪を作ってそれを獣道に設置して獲物の動きで絞る方式です。

ルース2191 さん

今年は山の実が豊作なので、今後は被害が少ないかもわかりませんね。駆除依頼が来ないと言うのは嬉しいですが、栄養を蓄えていつもより多くの子を産むと来年が大変になりますから、依頼が来なくても獲って数を減らす必要があると思います。でも、そちらのようにヒルやダニが大量にいる地域では、罠を仕掛けるのも勇気が必要ですね(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">