狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

チャボ?

辺りが暗くなり始めた頃に車で山から下りていると、周りの緑とは異種な白色が目に入り車を止めて観察すると、それはどうもチャボのようです。

IMG_5515.jpg

木に止まって眠っているものや、動き回ったりしているものが居ます。

IMG_5517.jpg

道路で、寝ているものもいます。

IMG_5514.jpg

その数は、見えるだけでも7羽以上です。


ここは、周りにはまったく人家がない場所で、道路を通る車から丸見えです。

どうして、こんな場所に集団で居るのでしょうか?

非常にくつろいでいる様子なんですが、天敵のキツネは居ないのでしょうか?

居れば、絶滅間違いないくらいの落ち着きようです。

車から最も近いのは2mくらいで、集団で居る辺りは10mくらいの距離です。

車を恐れる素振りもありません。

飼われていたものが野生化したようですね。

このまま放っておくと、数が増えて在来種のヤマドリが減ってしまう事にはならないでしょうか?

心配だな~、誰か獲って!(笑)


スポンサーサイト

コメント

ドンと来い!

任せてください!!
九州からえーちゃんと駆除隊を編成して遠征に行きます(爆)!

作戦指揮のスーパーバイザーにはセラヴィさん(笑)。
そしてシェフに野鶏の調理講座を開いてもらいましょう♪

お隣の県の山にも鳥インフルエンザの時にこの手の鶏がたくさん居ました。不思議なもので猟鳥は捕まえる気になるのですが、家畜には何故か手が出ません(笑)

じゃんさん、チャボはサムゲタンにするととても美味しいですよ。ナツメやコウライニンジンの味が嫌いな人はにんにくやハチミツなどで味をアレンジ出来ます。ぜひ岡山までチャボを捕まえに行ってください(^^)

行きましょう!!

じゃんさん

お!それは良いですね!
それじゃあ、私は、場所案内と食べる役ですね(笑)

シェフさま

私も、逃げた家畜は捕まえて食べなくても、お店で売っているので買えばいいじゃと思ってしまいます。でも、チャボの肉は店頭では見たことありませんね。
じゃあ1品はサムゲタンに決まりですね。フルコースなので後は何がお勧めでしょうか(笑)

えーちゃん

週末に宿の手配をしておきます(笑)

野犬

先日の3連休、かるーく登山したいという山仲間の誘いで、下見も兼ねて猟場に行って来ました。忍びのルートを一通り回って何等かのシカと出会いもあり、野生のニホンジカを見たことがない人たちも満足。尾根を目指して帰ろうとしていると、突然犬の鳴き声。「地元のハンターが有害に来てるのか!」「トシベエさん、撃たれないよねえ」―とみんなびっくり。でも、声がしたのはその時だけ。その後、犬もハンターの姿も見えません。あとで、どうもあれは野犬だったのではないかという話になり、いるとこにはいるもんだねえと妙に納得してしまいました。

ブリタニー若犬の訓練に最適ですね。(笑)
Mさんに教えたら獲りにいくかも?

トシベエさん

私が幼い頃には野犬はたくさんいましたが、最近は見ることがないですね。なので、タヌキなどが増えたということかもわかりません。でも、そのお陰でこのチャボ達は生き延びれているのでしょう。
これって、本当は獲った方がいいですよね。増えると駆除依頼が来るのかなぁ?

琥蛇把璃さん

チャボで訓練したら、鳥小屋でポイントするようになりますよ。人に見られたら恥ずかしいので駄目でしょう(笑)
Mさんは、鹿とチャボ犬にするでしょうか(爆)

碁石チャボみたいね

チャボは卵が濃厚で、烏骨鶏なんかよりずっと美味しいです。肉は小さ過ぎて食べた事はありません。以前飼っていたけど、雄たけびが甲高いので、オスは飼いたくないです。メスだけ捕まえに行こうかな?

seraviさん

私が幼い頃にはチャボを飼っていましたが、卵を食べた記憶が残っていません。そんなに美味しいのなら食べてみたいですね。オスが二羽で他はメスのように見えました。小屋のスペースを確保しといて獲りに来てください(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">