FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

魚道改修

高梁川で、最も魚類の増殖や生育に悪影響を与えている河口潮止め堰、今回その魚道の一部を改修する工事が始ることになりました。

国土交通省が発注して今年度中に完成予定です。

写真は、完成後のイメージです。

IMG_5905.jpg

私は、この潮止め堰を取り壊して汽水域を広げ、将来に繋がる豊かな漁場を復活させる推進派なので、小手先の魚道改修なんて眼中にはありませんが、この推進派のメンバーが少数(私1人)なため影響力がなく、小手先の工事を承認しないといけないことになりました(笑)

漁協の理事として承認するなら、より良いものにしなければならないので、大学の先生が考えたという漁師の経験上からは?な案を何度か見直していただき、まあまあの案が決まったのが写真のものです。

魚が堰の下で滞留しないよう、また、魚道を上りやすいように考えたものですが、上流にあるダムの影響で常時の水量が少ない近年では、この機能を活かせる日数は少ないでしょう。

完成してから数年間様子を見て、別な位置にある魚道も改修予定とか。

その時には、もっと良いものを考えて改修したいものです。



この潮止め堰、一企業の取水目的で造られたなんて今では考えられないことです。

以前の法律が、如何に環境に配慮していなかったかが伺えます。

先日も国土交通省に、建設後50年近くになってコンクリートの耐用年数に近づいているので、取り壊して汽水域から上流で取水し、導水菅で浄水場まで導く案を話しましたが、それを実現するには多くの障害があるようです。

でも、新たにこの潮止め堰本体を改築する時には反対して、この案を検討してもらうつもりです。



この堰の上流は、水の流れが緩く池状態になっているので、秋に鮎が産卵して孵化した稚魚が、流れに乗って汽水域まで流下するのを阻害する漁業被害だけではなく、モーターボートでバス釣り、水上スキー、水上バイク等が我が物顔で走り周り、漁業施設を壊したり危険な状態が続いています。

モーターボート等の規制をお願いしたいと思っていた矢先の今夏に事故が起こりました。

その事故により3名の女性が死傷しましたので、漁協から県に要望として内燃機関のエンジンを規制する条例設定をお願いしましたが、今の所、放置しているようです。

漁協が警笛をならしたのに対策を講じなかったら、次に事故があった時には関係機関の責任は免れないでしょう。


池状態になっていることで、ブラックバスやブルーギルが増殖しているという以外にも、台湾マシジミという外来種のシジミが大量発生して魚類に対する寄生虫が問題になっています。



多くの問題を抱えたこの河口潮止め堰。私が現役で漁をしているうちに、なんとかしてもらいたいと思っていますが無理でしょうねぇ~。


スポンサーサイト



コメント

私の地元の芦田川も河口堰にかなりの問題抱えてますからね
ユスリカが大発生するからと電撃殺虫器をずらり川岸に並べたり
ボートで網引っ張って羽化間近の蛹を傷つけることによって
羽化を阻止したり、天敵であるモロコを放流したり色々やってますが
そんなもの河口堰開放すれば余分な手間隙掛ける必要もなく
解決する話なのに、なんて無駄な税金の垂れ流しかと。

事業仕分けで何とかしてもらえなかったのが残念です(笑

これはもう民主党本部に直訴するしか手はなさそうですね(^^)。

魚道って・・・。

このての魚道ってどうしても魚が通りやすくはおもえないのですが・・・。

いや、川ガニさんがおっしゃるとおりに水位が下がると、簡単にアウト~!
さらにそんな状態にカワウ達が襲い掛かる。
そもそも、水位があるときでさえサギ類が上でじっとまってますよね。
魚道って本来の堰の無い状態から考えると、
どれぐらいの割合で魚達が通過できるのかなぁ?


難しいですね。。。

巨大な利権と何もわかっていない御用学者、環境のことなどわかろうともしない政治家。
そんな連中が作ったのですから、まったく機能しないのも当たり前なのでしょう。

こういう問題に直面するたびに自分の無力さを思い知らされますが、何もしない自分とは違い、川ガニさんは漁協の理事をされて行政とも実際に交渉されています。
すばらしい!

ぜひ次の県知事選挙か国政選挙には立候補を(爆)!

どこの魚道も一緒ですね。水位が下がれば魚も鳥の餌場となるのにね。

頑張って国土交通省に負けないで川ガニさんの想いどうりの、何処にも無いような

魚の為の魚道を考えて造ってやってね・・・・・・・

busby6898さん

河口堰を取り壊すと、取水関係者間の微妙な関係が崩れるので、役人も触れたくないようです。でも、河川環境の悪化はほっといても構わないの?国を上げての環境政策はどうよ?ってことなんですが、それに関して意見を言う人が少ないのが現状ですからね。ここは一発、民主党に頑張ってもらいますか?(笑)

シェフさま

実は、別な堰の件で自民党系の議員に仲介役になってもらい話に行ったことがあります。結果は・・・自民党はダメだ!でした。やっぱ、民主党ですよね(笑)

えーちゃん

この魚道は、現在あるものを部分的に改良してあるだけで基本構造は変えれないんです。それを変えさせようとしたので、かなり困って頭を抱えていました。あまりいじめても可愛そうなので、仕方なくこれで手を打ったってことなんです。
カワウとサギは、一年中、大量に堰に集結して魚を待ち構えています。
堰は、下流から上流に魚が上り難いことより、上流に流れがなくなり池状態になることの方が重大だと思いますよ。

じゃんさん

自分でも理事としての責任の重さにビックリしています。川に関わることを始めるには漁協の承認が必要となり、私の担当地区なら私の承認がなければ何も出来ないんです。ですから、勘違いする人なら、自分が偉くなったように感じるでしょう。でも、私の場合、肩書きやお金より魚が多く獲れるようになる事の方が重要なので、残念ですが総理大臣にはなりません(笑)そういえば、以前にはなると言っていたかも?(爆)

琥蛇把璃さん

国土交通省は、漁協を怖がっていると言っていました。へそを曲げられると何も出来なくなるからでしょうね。私の任期中に、下流域の環境に悪影響を与えている施設に対して、要望をどしどしと出して改善してもらうように働きかけようとしています。なので、少し忙しくてカニ網が早くは編めません(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">