狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

ヌートリアの餌場

先日に駆除依頼があったヌートリアは、水路を泳いで来たのではなく、大きな川の土手を登って道を歩いて来たようです。

普段は、この川に居るようです。

IMG_6103.jpg


川の土手を上がった場所から木の横を下りて道を歩き橋を渡って餌場の畑へ毎夜通っているようです。

IMG_6101.jpg


その証拠に、木の横には、ヌートリアの獣道が出来ています。

IMG_6102.jpg

主に、夜に行動する動物なので、昼間に畑に出ているのを見ることが少なく、まさか、こんなに移動して餌場に来るとは知りませんでした。


先ほどの場所から200mくらい上流の道路で、ヌートリアが車に轢かれているのを発見!

IMG_6116.jpg

この寒い時期には草が少ないので、広範囲に歩いてエサを捜しているのでしょうね。

IMG_6117.jpg

それにしても、ここは、先日、雇用対策事業でヌートリアの箱罠を設置していた場所なのに、まだ、こんなのが居たんですね。

やはり、冷え込んだ日には穴の中で半冬眠状態になって出てこなかったということでしょうか。


スポンサーサイト

コメント

やばいですよ!

こんな写真をアップしたら、ロードキルぬ~ちゃんを獲りに来る人がいるかもですよ(笑)。
(O県の人とか・・・)

じゃんさん

大丈夫です!今ごろは奥歯にぬ~ちゃんの肉が挟まっている頃ですから(爆)

いつか聞こうと思ってました、、、

それだけ多いとヌートリアも車に轢かれませんかって。やっぱり轢かれるんですね。こちらではシカまで轢かれますが、シカに当たると車の被害の方が大きくて大変です。夜勤の行き帰りっていう人が多いようです。

トシベエさん

30年ほど前だと、夜に轢かれているのはカメとカエルでしたが、それも居なくなり、今はタヌキと時折ヌートリアですね。シカやイノシシに衝突すると轢かれるのは車かな?(笑)

拾いにいかないと・・・。

おお?!
こんな所にぬーちゃんが?!

えーちゃん

ぬーちゃんは、拾いにいかなくても夕方になるといくらでも川を泳いでいますよ。
でも、道路を歩いているヤツは希少価値があって良いってこともありますかね。鵜の歯型がある鮎が高価なのと同じような理由で(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">