狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

潤温体湯鍋

潤温体湯鍋は、ルーウェンティータンと読むそうです。

中国の薬膳料理で、体が温まる中華食材を入れた鍋だとか。

その素を買って、簡単に作りました。

IMG_6246.jpg

出来上がりの画像を撮るのを忘れて食べてしまったので食べかけです。




本来は牛肉を入れるのですが、我が家では猪肉です。

IMG_6245.jpg

でも、この猪肉変じゃないですか?

肉の中に赤黒い点々が多数ありますね。

これは内出血しているからなんです。

このイノシシは、手伝い人に運搬してもらったのですが、扱い方が荒くて全身が内出血したんです。特に、ロースの部分がひどくてこんな状態です。

グループ猟の親方なら、背中に担いで運搬しろ!と言うのでしょうが、素人の事なので、ま、いいか!と見ていたらこんな事になっちゃいました。

手伝い人にとって良い経験になるかと思っていましたが、私の方が良い経験になりました(笑)

やはり、自分で運搬しないといけない、ということが、よーくわかりました。


このお肉は人には差し上げられないので、すべて自家消費という事にし、小分けにして冷凍保存にしました。

非常に良い肉質なので、少しラッキーな面もありますね(笑)


肝心なお味の方はというと、醤油は入っていますが醤油味でもなく、もちろん味噌味でもない不思議な味ですが、なかなか美味しくて気に入りました。

猪肉といったら味噌味、なんてのは少し大きくなったオスイノシシに対しての料理方法で、子を産んでいない40kgほどのメスだとどんな料理にも合いそうです。

インスタント「潤温体湯鍋」我が家の定番料理にしたいな~。


スポンサーサイト

コメント

いいなぁ~猪

じゃんさんのところは餃子で川ガニさん家は鍋ですか。
いつも美味しそうですね。
内出血していると味って変わるのでしょうか?

こちらにはいないから、コソっと生きのいい猪を数頭、放してほしかったりして・・・。
発見したら内緒にしておきますから(笑)

脂ものっていい肉なのに残念でしたね。でも自家消費分が増えて当分肉に不自由しなくて

いいじゃーあーりませんか。 これからわやっばり自分で搬出しないと駄目ですね。(反省)
 

うわぁ!

一瞬ギョッとしましたが、内出血だったのですね。

うまそうですねえ

たくさんイノシシを獲ってるからできる鍋、いいですねえ。

>猪肉といったら味噌味、なんてのは―
同感です。こちらでもイノシシというとすぐに味噌という人がいますが、若くて状態がよければクレージーソルトだけでの焼き肉、わりしたですき焼きとなんでもイケますよね。

生後一年未満のお肉は実にすばらしい素材ですよね。あまり広めたくないですね(笑)

小隊長殿

他のお肉が無いので、イノシシ肉の料理ばかりです。次もその予定です(笑)
見た目は悪いですが、内出血していても味の違いは私にはわかりません。でも、小隊長殿ならわかるかも?
北海道にイノシシが居ないのは残念ですね。居たらエゾイノシシと言う名前になるんでしょうが。
北海道に放したら巨大になって大きなものは500kgくらいになるんじゃないでしょうか?恐ろしい!兵長殿が食べられそうなのでやめときます(笑)

琥蛇把璃さん

何事も経験ですね。こんなひどい状態になるとは思ってもみませんでした。ま、それだけお肉の質が良かったということなんでしょうね。

えーちゃん

病気みたいに見えますよね。体は良く太って丸々としていましたから健康体だと思います。今のところ、私の体には異変がみられないので大丈夫かと?(笑)

トシベエさん

イノシシは質の良いものは、まったく癖がなくどんな料理にも合いますね。でも、獲るなら大きなものの方が価値があるような気がします。て、気がするだけで実は価値は低いような?(笑)

シェフさま

小さい方が美味しいですが、シェフには、大きなオスイノシシの癖を無くした美味しい食べ方を研究してもらいたいです。研究用に次に獲れた100kg以上のオスは丸ごと送りましょうか?(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">