狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

煮猪

大きくて痩せている肉の硬いオスイノシシを美味しく食べれないものかと試行錯誤している最中ですが、今回は、煮猪を作りました。

IMG_6326.jpg

見た目は、かなり美味しそうです。

IMG_6327.jpg

出来上がって試食してみると・・・

IMG_6346.jpg

硬くなく適度な食感と、旨みの強さがあります。でも、やはり野生の臭いが強いようです。

それでも、ちょこちょこと食べているうちに、あることに気づきました。

臭いが強いのは、脂身の部位だけのようです。

赤身だけだと、イノシシの匂いだけで野生の臭いはあまり気になりません。

そういえば、臭いが少し苦手なラム肉も脂身がよく臭うように思います。

タヌキの肉は、臭いと言われていますが、脂が臭いだけで、肉だけだととても美味しいと食べた人が言っていました。

「イノシシは、脂を食べるもの」といわれますが、こういうヒネ猪は、肉の旨みが強いので、煮物にして好みにより脂を取り除けば結構たべれるように思います。

でも、まだまだ色々と作って検証してみないといけないでしょうが。

次は、味噌煮でも作ろうかと・・・



スポンサーサイト

コメント

私なら…

写真で見た限りではおいしそうなんだけど、臭いがあると家族も誰も食べないですよね。

こないだ、普通に煮豚を作りましたが、私はネギと生姜とにんにく、りんごをたっぷり入れて圧力鍋で作りました。うちの地域は白ネギの生産地なので、この時期はとにかく近所からたくさん頂き、結構使うのに苦労するのでめちゃめちゃ入れます。
あとジャム(りんごとか川ガニさんのお母さんから頂いたみかんで作ったもの)を入れて漬け込んだあと、煮ます。これまたフルーティーでうまいっす。
煮汁もあとから煮玉子を作ったり、また次の肉を漬け込むのに使ったり、炊き込みご飯に使うのもおいしいです。

私なら、案外シンプルに「猪肉のしょうが焼き」にするかな…。煮猪の写真見ててそう思いました。

おろししょうがとおろし玉ねぎをたっぷりタレに入れて、漬け込む時間を丸1日くらいにしてみてはどうでしょう?
で、漬け込んだタレから肉を焼く前に取り出して、キッチンペーパーでおさえてから焼いていきます。
タレは新しいものを作っておいて下さい。

うちの焼くときのタレは甘いのが好きなので、肉200gに対して、醤油とみりん大2、砂糖と酒大1、生姜と玉ねぎのすりおろしたっぷり…が黄金比率ですよ。

おいしい煮猪が出来たら送って下さいね~~^^

良く気がつきましたね。あっぱれです。

先日アップした私の「いのししで生ハムを作る」と言う記事をもう一度見直してみてください。あの写真をよく見ると何かに気づくはず(^^)#。のほほ

そうなんですけど…

脂の乗ったイノシシの脂を捨てるのはもったいないような気がして…(笑)。
あんまり匂いがするものは脂を捨ててますが、我慢できるものは香辛料でごまかしています。

カレーライス師匠@高知さん

高知で何してんの?転勤?NOBUちゃんと会ってるの?レゲーのCDでも買って来て!
くっさいイノシシ送るから自分で作てみー(笑)

シェフさま

な~んだ!知ってたんですね!
これにはこれの良さがあるんですね。料理は魔法だ!(笑)

じゃんさん

ごまかせる香辛料とは?
S家では、良い対策があるそうですよ!ブログが楽しみです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">