FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

タケノコが好き!

私はタケノコが好きです。でも、採れる場所で味が全然違うので、外れに当たると嫌いになります(笑)

毎回美味しいのを食べようと思えば、良い条件の場所で生えるものを自分で掘ってくるのが一番でしょうね。

でも、勝手に他人の竹藪で採ると犯罪になりますから、そう簡単にはいかないです。

世の中には、それを簡単にやっている奴がいます。

日当たりの良い赤土に生えている孟宗竹林では、一面を耕運機で掘り返してタケノコを盗んでいます。

IMG_6400.jpg


新鮮なタケノコは、生が一番美味しいと聞いたことがあります。ここでも採りたてを、生のままで食べたようです。

IMG_6399.jpg


穴掘りが上手いですね。よほど手馴れた奴の仕業のようです。

IMG_6401.jpg


地面には、へんてこりんな跡がいたる所にあります。

IMG_6398.jpg


ここには、すりこ木で突いたような跡もあります。

IMG_6397.jpg


タケノコの頭が地面に出る前に盗むので、土地の持ち主は何年もここでタケノコを収穫したことがないようです。

世の中には、悪い奴が居るものですね~

なんとか、コイツより先に収穫する方法はないものでしょうか?




スポンサーサイト



コメント

こりゃ忍びの者ですな。

たけのこ大好き~!
(あっ、しまった。また食べ物で釣られてしまった。笑)
うち実家がたけのこ出荷してました。
何度も最優秀賞とか受賞してたみたいです。vvv
今ではブドウ畑になってしまってるけど上のあたりまだ藪が残ってるんかな。
あそこで取れたのはおいしいですよ~!
盗まれてなきゃいいですが・・・。
そうそうこっちで長方形にスライスされた缶詰のたけのこがあるけどあの日本のたけのこをしってたらまずい!
スジばかりでしわいしわい!
あとたけのこととかんけいないけどなぜか今ふとおもいだしました。
こっちに缶詰とか瓶詰めのムール貝があるけど砂がはいってるのがあって
それにあたるとかんだらじゃりってなります。じゃり試しに次回帰省のときにお土産にもっていきましょうか?

シェフさま

忍者なんですか!こりゃ手強いですね。本日、3基ほど新型の罠を仕掛けてきました。運が良ければ、明日にでも正体がわかるでしょう。捕まえたら二度と悪さをしないように忍者鍋か忍者の生ハムにでもして食べてください(笑)

Hiroさん

え~~~!!!最優秀賞のタケノコ!!!採りに行くから実家に連絡しといて!
大量に採れたら缶詰にしてもらい、そっちに送るってのはどう?

砂とか入ってじゃりっていうのは大嫌いです。缶詰なんか食べなくても、生のものを美味しくいただいています(笑)

生育場所

自分で掘ってきたタケノコは「こんなもんだろう」って感じでいつも食べていました。

ところが去年初めて掘った場所では
「なんじゃこの味は!?」
っていうくらい美味しいタケノコでした。

同じ孟宗竹だったので、生育場所によって違うんでしょうね。

提案が2つ!

1.犬を訓練して、タケノコ臭を覚えさせ、この犯人が掘る前に全部いただく。
2.犯人の仲間を飼いならし、それを連れて行き、この犯人が掘る前に全部いただく。

我が家の近くに犯人の仲間を3人(頭?)飼っている人がいるので、今度2の案で行こうかなと思っています。

じゃんさん

タケノコは、採れた場所によって味が全然違いますよ。タケノコ本来の味が濃いものや全く味が無いものまで様々です。硬さも違いますが、これは好みの問題ですね。
生育場所の土質としては、赤土のように粘りのあるものの方が良いように思います。河川敷だと私有地ではないので勝手に掘っても良いですが、砂地のことが多いので味はイマイチだと思います。と、知ったかぶりを言っていますが、まだまだ経験不足で、ここのが美味しい!なんて断言できないです。

seraviさん

お!それはいい案ですね!でも、2の案は、犯人の仲間3頭が探し当てた端から食べてしまうという危険性がありますね。
私としては、超お利口さんのファル君に覚えさせるのが一番だと思います。ご褒美は、犯人の肉なんてのが良いのでは?(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">