狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

銃の更新

今日は、3年に1度の銃の更新申請が許可になったので、許可書に記載してもらいに地元警察に行って来ました。

昨年から変わった銃の計測基準で許可銃を計り直すそうなので、許可銃を一緒に持ち込みました。

10.180005.jpg

この銃は、上下ニ連銃と言って銃身が上下に2本あるタイプです。

計測の結果、全長が今までより1.6cm短く記載され、他は、変更無しとのことです。

銃床のパッドを全長に入れなくなったので、短くなったようです。パッドは1.6cmだったんですね。

銃の全長は短い方に制限があり長いモノには制限がありません。

今まで、パッドを含めてやっと制限内にあった銃は許可にならないので、銃床を作り直すか、廃銃にしなければいけませんね。


この銃は、射撃専用銃でスキートと言う競技用のものです。

私は、以前この競技に凝って日本クレー協会に所属して、公式戦にも出場していました。

練習と公式戦で、毎年1万発以上の弾を消費していました。

射撃場は猟期には閉鎖されるので、それ以外の平日には殆んど毎日のように射撃場に通っていました。

そのおかげで、猟期には獲物に何とか当る事もあります(笑)その他に残ったものは、難聴くらいですかね。

私の友達は、殆んどが射撃をしていますので、皆、難聴です。

みなさん、お店で大きな声を出して話している集団がいたら、それは、たぶん鉄砲撃ちの難聴集団です。

とても可愛そうな人たちなので、うるさいとは思いますが、少し辛抱して温かい目で見てやって下さいね。


スポンサーサイト

コメント

いい銃ですね。スキートは鳥撃ちの練習には向いてますよね。でも私は当たらないので、射場ではもっぱらトラップです。上下はスポーティングなので、スキートにも使えるとは思うんですが…。あの並んで待つのも苦手です(笑。スポーティング面白いですが、トラップを真剣にやっている人たちに言わせると、「兄さん、26インチじゃそれ以上当たらんぜ」らしいです。

トシベエさん

こちらの射撃場で今の流行は、猟友会のルールとジャパンルールでの射撃です。以前は、トラップかスキート銃を所持していましたが、今は皆スポーティングに変えています。県外にも遠征して良い成績で帰ってきています。よく満射を撃ったりもしていますので、その銃で十分と言うか私も欲しいと思っています。トラップの人はスキートがスキーとの人はトラップが苦手ですが、その銃で両方とも高得点を出していますよ。射撃の練習には最適な銃だと私は思っています。いらないんならください(爆)

わざと鳥の芯を外して撃つクセを付けてしまった私は、クレー射撃ではまったく当たりません(笑)。

シェフ

はっはは、シェフ、私も鳥を撃つ時は頭を狙い肉に損傷が少ないように心がけていますが、前を打ちすぎるクセが付いてよく外します。あっ!胴体に芯が行ったと思って回収した鳥を見ると頭に当っていたりします。どうも、撃つ瞬間にシャクルクセがついてしまったようです。上下にずらすと私の場合、さよなら~と鳥を見送る事になります(笑)

私のスポーティングはミロクの1000です。前の型ですがほとんど使われてなくて、とても状態がよかったのでレバーを買おうと思ってへそくってた金をはたいて買い、まだ1年たってません。だから、上げません(笑。実猟主体だったので、トラップもずっと自動銃で撃ってました。上下でクレーを撃つようになって、自動銃の空薬莢が飛んでくるのがほんと、うっとうしいです。そいつが当たってると腹が立つやら情けないやら。修行が足りませんな。

トシベエさん

なるほど、それならもらえませんね。諦めましょうか(笑)クレー射撃は、メンタル面の強さが要求されますので、今度、隣で良く当てる人がいたら、「上手ですね~外しませんね、すべて芯が当っていますよ」と言ってみて下さい。もっとよく当てようと思ってガタガタになります。これを業界用語で「誉め殺し」と言います(爆)

射撃場は自動銃専用レンジと言うのを設けてほしいですね。でないと自動銃を撃つ人は肩身が狭くていけません。ちなみに私、ショットガンはセミオートしか持っておりません。

ならほど。自動銃で撃たれている方は、そのように思われているのですね。私たちは、ハッキリ言って薬きょうが飛んでいるのを見てもなんとも思っていません。公式戦に出ている人でも自動銃を持って猟に行っていますからそれを否定する人は少ないと思います。そんなことが気になっているようでは、試合で良い成績は出せません。クレームを言う人がいたらそれは、ヘッタピの人だと思って間違いないと思います(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

秘密のコメントをくださった方

友達が撃っていましたが、先ごろ手放しました。50mでBM弾や韓国UJ弾を使ってctc3~4cmくらいのようです。
まだまだ、銃の特性を把握できていなかったかも解りません?
精度を重視すれば、BM弾まででそれ以上の重量弾は、精度をまとめるのは難しそうです。もっと精度が追求できる重量弾が発売されれば、パワーのある銃の魅力が上がると思うのですが。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/63-37a3feb1

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">