狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

空気銃・エアーライフルの紹介

空気銃、スマートに言えばエアーライフル、簡単に言えばエアー。

近年、猟銃の所持者は、右肩下がりですが、その中で、エアーの所持者だけが、増えていっているようです。

初心者は、もちろん。以前に所持した事のある経験者も、あらたに所持している方が多くいます。

私も、その中の1人ですが、エアーを所持した理由は、獲物の損傷が少ない事が1番です。グッド

最近は、数多く獲る事よりも美味しく食べることに、重点を置くようになって来たのです。

ハッキリ言って、沢山獲っても食べきれませんし、弾が多く入っている状態の悪い獲物には、ウンザリです。NO

しかし、醍醐味のあるヤマドリ猟を止める気はありませんが。ピース




これは、最近流行のプレチャージ式の空気銃です。イギリス製です。
あらかじめ、蓄タンクに空気を充填しておき、その1部を使って弾を発射する機構となっています。
つまり、一回の充填で多くの弾が撃てるタイプです。パワーがあるので長距離射撃もOKです。
この銃は、5連発です。便利ですね~。
反面、メチャクチャ繊細です。個々の銃に合った、取り扱いの手法を守らないと、当りません
IMG_0783.jpg


これは、スコープです。これが無いと長距離射撃は難しいです。空気銃用です。ライフル用だと近くでは焦点が合いにくいです。
レンズの良いものだと、飛んで行く弾が見えます。
IMG_0784.jpg


これは、エアーを充填する道具です。左が手動の空気入れです。右がエアーのタンクです。バルブをひねるとエアーが入ります。
IMG_0791.jpg


これは、昔からある日本が誇る、ポンプ銃です。
レバーのコッキング回数により、パワーを変える事が出来ます。
一回の発射で、空気を全て排出しますので、その都度コッキングしなければいけません。
日本で一番所持者の多い空気銃だと思います。メンテナンスが良ければ、よく当ります。単発です。
IMG_0788.jpg


この他に、スプリング式と言うタイプがあります。バネの反発力で弾を飛ばせます。
これは、1回のコッキングでOKですが、発射時に反動を伴うので、好みが分かれる銃です。
丈夫で、衝撃を受けても狂いの無いスコープが必要です。


次は、銃があっても、弾が無くては、獲物は獲れませんね。と言う事で、弾の種類です。
上の写真が、4.5mm用です。中が5.5mm用です。下が、4.5mmと5.5mmの比較です。
弾の種類は、ここにあるのは、ほんの一部です。まだまだ、沢山ありますが、実際に良く使うのは、数種類です。

4.5mm用
IMG_0794.jpg


5.5mm用
IMG_0793.jpg


4.5mmと5.5mmの比較
IMG_0801.jpg




空気銃の弾は、放物線を描いて飛んでいきます。そうです!真っ直ぐには飛ばないのです。

獲物までの距離により、狙う所を補正しなければいけません。

距離を正確に把握する事は、非常に重要なので、距離が遠い時には、計測機械を使います。

それが、写真右の2台です。レンジファインダーと言います。一番右のは、水面上のカモにも反応して距離がわかります。
一番左は、双眼鏡です。獲物を見つける時に使います。必需品です。
IMG_0792.jpg


他にも、必要な備品はたくさんあります。またの機会に、紹介いたします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/7-7ba1fbc1

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">