FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

稲ワラ

稲ワラは、野菜、果実などを作る上では非常に便利な資材です。

畑に敷いてマルチ代わりに草の繁殖を抑えたり保温したり。ネット代わりに豆類のツルを巻き付かせたり。付着している納豆菌を繁殖させ肥料作りをしたり。畑で使ったあとは、土に鍬込めば肥料になり処分する必要はありません。

我が家も妻の実家に頼んで、ミカン畑に敷くために毎年ダンプに2台分ほど頂いています。

今年も私の親父がダンプに2台分を頼んだようです。

今年から野菜作りを初めて農業に対する興味が沸いているので、初めて稲ワラを束ねる作業を手伝いに行きました。

田んぼに行くと、稲刈りが終わって一面に稲ワラが敷きつめられています。

F1002103.jpg

想像していたのは、束になっている稲ワラでしたが。

普通は稲刈りと同時に裁断されて田に撒くようですが、裁断をしなければ、こういう状態になるとか。

機械によって機能が違い、別な形にでもできるのかもわかりませんが?稲刈りだけは機械を持っている方に頼んでいるのでこうなります。

このままだと、先端が揃っていないので先端を揃えて、乾いていない下面を上にして、このように敷き直します。

F1002104.jpg

稲ワラがダンプに2台分となれば、一反(300坪)分の稲ワラが必要となります。

この区画が一反ですから、すべてを並び替えるのに一日に4時間くらい作業して1人で8日くらいかかりそうです。

どうして一日に4時間かというと、立ったり座ったりの連続なので足腰に負担がかかり年寄りだとそれが限界です。

初めて手伝い、こんなに手間が掛かるものかとビックリ!気軽にダンプ2台分なんて今までよくも言っていたものですわ。

ホームセンターや農業資材屋で売っている稲ワラに、ビックリするような値段が付いている理由がやっとわかりました。


隣の田では、はで干をしています。

F1002105.jpg

この稲ワラは、他県の神社でしめ縄に使用するそうです。


農業ってほんとに手間がかかりますねぇ。


スポンサーサイト



コメント

日本人はこう言った裏の費用にまったく目をやらない民族になってしまいましたね。

自分ではやらないくせに人がやったものにはケチばかりをつけ、あげくそれらを高いだのなんだのと勝手気ままに言い放題。金さえ出せば何でも手に入ると錯覚している日本人は一度タイタニックでも見て心から反省して頂きたいものです。


それにしても本格的に農業態勢に入りましたね。なんにでも真剣に取り組む姿勢には尊敬です。

ワラ

突然ですが
川ガニさんはワラを編めますか?

我が家の父親はいまだに
藁でワラジを編むんですよ(笑)
父親の祖母や祖父に習ったそうで
昔の百姓さんにはかないませんよ

最近のワラは昔のワラより固いそうです

自然薯の栽培には大量の「敷き藁」を必要とします。
地温抑制が主なのですが、当地では稲の栽培が少なくほとんど入手不可能です。
白色マルチが効果が高いのですが、私はマルチは嫌いで(笑)、カヤ(ススキ)を
代用しています。が、伐採、整理、搬入にはとても手間がかかります。

>農業ってほんとに手間がかかりますねぇ。

あらゆる産業の中でダントツの地位を占めていますね。(笑)
しかし、手間=秀逸品、の図式が成立しますからねぇ‥‥‥‥

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しぇふさま

何事も自分でやってみて初めて価値が理解できますねぇ。

いえいえ、農業はほんの真似事をしているような状態です。そろそろ狩猟モードに切り替えないといけないと思っているのですが、不器用なのでアレコレとはできません(笑)

魔王さん

ワラではロープも編めません。というか、やったこともないです。いいですね、お父さん!そういう手に職のある方は大好きです。近くにお住まいだったら教えてほしいな~(笑)

自然薯さん

自然薯栽培は暑い地方では大変なんですね。我が家は放置していますよ。そのかいあって、おそらくまともな芋にはなっていないでしょう。収穫が怖い!(笑)

内緒のコメントの方

猪用の箱罠は、各地の鉄工所で作っています。というか、見本があって溶接ができれば誰でも作れますよ。
お勧めは、お気に入りの型があれば、知り合いの鉄工所で作ってもらうのが安上がりだと思います。
高梁で、と言われるとわかりません。電話帳で鉄工所を調べて電話すれば見つかるかも?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">