狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

堆肥作り開始

11月は、堆肥作りと発酵肥料作りを予定していましたが、こうじ菌の入手がまだなので先に堆肥作りを始めました。

山から広葉樹と竹の葉を集めて仕込みます。

IMG_8421.jpg

今年の落ち葉だと、出来上がりまでには1年もかかるので、春には使えるように山で数年経過し分解が進んだものを探してきました。

分解が進んでいる証拠に、白い土着菌が見られます。

IMG_8420.jpg

落ち葉の他には、モミガラ、米ヌカ、大豆カス、赤土を入れ、水を加えて混ぜます。

IMG_8422.jpg

水分量は、多いと腐敗するので50~60%程度が良いようです。

水分量の目安が立たないので、多過ぎないように適当に入れました。かなりパサパサな状態です。

よく混ぜたら、乾燥しないように覆いを被せます。

IMG_8423.jpg

昼過ぎに作業が完了。

そして翌日の夜には、温度が43度に。

IMG_8438.jpg

2日目の明日には、60度以上の温度になりそうです。

発酵って凄いですね!1日で温度が40度まで上がるなんて。

冬場には、この上で寝ると夜でも暖かいでしょう。

もしかして、動物も自然界では、このように発酵をして温度が高くなっている場所で夜を過ごしているのかもわかりませんね。

これは未知の世界を垣間見たような気がします。なんて少しオーバーですが、でも、なんだか感動しました。


そうそう、感動して書き忘れるところでした。落ち葉で作った堆肥を畑にすき込めば味の良い野菜が採れるようです。

イノシシの駆除をしている地区の農家も毎年作っていて、甘みのある美味しい野菜が収穫できると好評だとか。

今から春夏野菜の収穫が楽しみですわ。


スポンサーサイト

コメント

堆肥

その堆肥はメチャクチャ良いらしいですよ。
農家の友達の話なんですが
山の土に住んでる微生物を水に溶かし
何日か放置して増量すると良いらしいっす

友達は、その堆肥に牛糞混ぜてました。

いろんな事やらないと農家は進歩しないって 真剣に言ってました
ちなみにJAの薬には頼りたくないらしいです(笑)

僕みたいな ナンチャッテ菜園家には
難しすぎます(笑)

本当に農家って大変ですね。

いやぁ素晴らしい。
おいらが先月習った土づくりの第一歩はまさしくこれです。

楽しそう

兵長の実家も100パーセント牛フンの堆肥で野菜を作っていますが、めちゃくちゃ美味しいです。

明日はベッカムと

近況報告です。ベッカムは快調です。先週から1日2回しっかり食べて、適度の
山走りをしてきました。明日は朝だけ2時間ぐらい、家の回りの近場をまわってきます。
今日はキジを間近で見ましたが、明日にはどっかに行っているのでしょうが。
ベッカムとの2回目の初猟をまったりと楽しんできます。
倉敷からの素晴らしいブリタニーを誇りに思います。ありがとうございます。

魔王さん

始めて半年ほどですが、畑の土が重要なことはわかりました。この堆肥には期待しているんです。来年こそは!って思いです。ほんと、農家は大変ですね。

しぇふさま

いいな~、先生が居て。私の先生になってください(笑)

小隊長殿

新しいことを始めるというのは楽しい!小隊長殿も一緒にやりましょうよ。
私も今回試しに100パーセント牛フンの堆肥でダイコンを作っています。順調に成長しているので収穫後の試食が楽しみです。

岸っしゃんさん

やっと待望の猟期になりましたね。良い知らせを待ています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">