狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

1回目の切り返し

堆肥作りを始めて1週間、最高温度の63.1度を記録してから徐々に温度が低下していき、切り返しの目安としていた50度を下回る49.3度となりました。

IMG_8501.jpg

50度を境に切り返す、との記述がある図書があったわけではありませんが、私なりの勝手な目安としていただけなので、これが良いか悪いかは今の所わかりません。

切り返しの目的は、酸素と水分の補給それに未発酵部分の攪拌等です。

IMG_8506.jpg

切り返しをしていると、表面部分と中心部分、それに上下による状態の違いや温度差がよくわかりますね。

温度が高い部分は、中心と下部で、その部分を切り返していると湯気が立ち上がります。画像的には、そうでもなさそうですが実際には凄いです。

それに、よく発酵している下部あたりは、良い香りの発酵臭もします。


発酵が進んでいる部分は、こんな状態に白くなっています。

IMG_8509.jpg


切り返し後の状態からすると、山で数年発酵が進んでいると思われる落ち葉を採集してきたのが良かったようで、すでに分解してすぐにでも畑にすき込めそうな様子も見うけられます。

IMG_8511.jpg

未発酵部分も所々に見受けられましたが、この切り返しでよく攪拌でき全体が均一になったと思います。

最後に覆いを被せ、1回目の切り返し完了。

IMG_8513.jpg


直後の温度は、23.4度。

IMG_8514.jpg


そして24時間後には、55.5度に上昇。

IMG_8528.jpg

現在でも緩やかに上昇しているので、最終的な温度は60度付近まで達しそうです。


スポンサーサイト

コメント

堆肥

うちの父親は、その昔堆肥
牛肥や馬肥を畑に撒くために
作業してたら火傷したらしいです。
しかも素足で(笑)
恐るべし発酵パワー

魔王さん

素足で焼けどですか!素足も焼けども両方とも凄いですね(笑)

この堆肥は今回も60度を越えましたよ・・・あ!卵入れとくの忘れてた!

ブログのタイトルが農耕民族の館になってしまうんじゃないかと心配しています(笑)
そろそろ“獲ったどー!”の声が聞きたいのですが・・・

醗酵熱を…

川ガニさん
堆肥の醗酵熱を上げる為やニオイの軽減等に私の職業なんかでは(*^_^*)
コーヒー粕を切り返し時に混ぜたりしてますょ(^o^)/

確か、川ガニさん所ではコーヒーを豆~挽いてませんでしたっけ?

使用後の豆粕を捨てずに堆肥に混ぜられてみては?(笑


PS
初猟で“ヤマオン”(9節)20日にマガモをGETしちゃいました(^_^)v

ついに
当たりましたょ(爆

マルカッさん

いつタイトルを変えようかと考えているところです(笑)
実際の話、農耕民族を名乗るには多くの経験が必要でしょうから、当分の間は、わりと慣れている狩猟の世界に留まってると思いますよ。
早く美味しい野菜が作りたい!(笑)

撃っても撃ってもさん

なるほど!コーヒー豆の粕は畑に撒いていますが、そういう理由で堆肥作りに使えばいいんですね。早速、使ってみます。

お!尻尾短いけどやりましたね!(笑)今年はヤマドリが多いのでその調子で頑張ってください。機会があったら、また共猟しましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">