狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

フナの放流

11月24日には、高梁川でフナの放流を行いました。

IMG_8567-1.jpg


中流域には、トラックを横付けして放流。

IMG_8574-1.jpg


かなりデカイものも混じっています。

IMG_8576.jpg


下流域は、ナイロン袋に小分けしたもの25個を軽トラに積み替えて運搬。

IMG_8568.jpg


10cm前後で、大きさが揃っています。

IMG_8587.jpg

下流域は、3箇所に分けて放流。

IMG_8593.jpg


こちらでは、寒になると、フナをミンチにして炒めて野菜を入れて煮、ご飯にかけたフナ飯という料理にして食べる習慣があり、それが非常に美味しいということで人気です。

フナにも種類があり、それぞれで味に差があるようです。

最も人気なのが、マブナのようです。




放流に出席した理事から頂いたニンジン。

IMG_8592.jpg

金時ニンジンですが、長さが50cm以上あります。

こんな立派なものが作れるなんて凄い!


スポンサーサイト

コメント

鮒飯。
50年くらい昔、たくさん頂きました。
ごま油で炒めるのがポイントでしょうか?

今では、ゲタ(舌平目)を同じ調理方法で美味しくいただいています。

フナ

昔はどこの川にも居ましたけどねぇ
フナ 放流する時代なんですねぇ

ママカリ釣太郎さん

ベテラン漁師に聞いた所、フナ飯には作り方のこだわりが色々とあるようですよ。それをまとめて記事にしようかと考えていますが、いつのことになるやら。
ゲタでも美味しく作れるのですね!忘れぬうちに私も作ってみたいです。

魔王さん

ほんと、昔はウジャウジャ居ましたよね。
フナは高梁川漁協の漁業権魚種になっているので、県から放流義務を課せられます。なので、多い少ないは関係なく規定の量を放流しないといけません。へんな話ですね。

フナ

そりゃまた
変わった話ですね(笑)

なんとなく分かりますが
ゆうずうの効かない機関ですね(笑)

魔王さん

そうなんですよ。お役所仕事ってやつですわ(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">