FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

拾ったどー!

車が誤捕獲した高級毛皮のテンを拾いました!ラッキー!

PC201647-4.jpg

夜行性なので昼間に見ることは稀ですから、獲ろうと思っても難しい動物です。

非常に上質な毛皮ゆえにセレブな御婦人のお気に入り。

15年ほど前にも拾って、それは襟巻きになりました。

出猟日が雨や雪の日には襟元から水が入らず暖かくて重宝し毎猟期になると使っていましたが、頭の部分が右肩にくると鉄砲の銃床にあたり撃てなくて獲物に逃げられたこと数知れず。

良い思い出となりました(笑)


これを見つけて車から降りて拾った折りに、その様子を見ていた80歳台くらいなおじいさんに「それはなんなー?タヌキか?」と聞かれ、私が「テンじゃが」と言うと、おじいさんは「・・・無言」、私が「これ珍しいんで」と言うと、「そうじゃろうなー、見たことねえもん」と言いました。

長生きしている老人でも見たことない貴重な動物です。

なんだか、買わない宝くじに当たったような気分ですね(笑)


これは前回のものより毛皮の質が良さそうです。

今回は、頭と足を付けずに襟巻きにしてもらおうかな?


スポンサーサイト



コメント

中身はじゃんさんに送って試食してもらいましょう。いやセンチョーがいいかな(^^)v。

え?うち!?

うちはイノシシかヤマドリと言うことで・・(笑)。

ああ、ついに…

川ガニさんまでロードキルアニマルに手を染めるように…。
これを手始めにロードキルイノシシ、ロードキルアナグマなどもお持ち帰りするようになることでしょう(笑)。

食べられるかどうかの判断方法は、大分のあのお方に聞いてくださ~い(爆)!

すごい~

テンは珍しいのですか?
しまったなぁ~愛知に居た時、山の中で一度お見かけした時に写真に納めておけばよかったですね。
そんなに高級な毛皮なら・・・キタキツネのと交換しません?
いつもロードキルされてるから(笑)
こっそり丹頂もお付けします。(爆)

そう言えば・・・

昨年、ある爺さまから貰ったテンを毛皮にするべく、ある方にお送りしているのですが、母さん、あのテンはどうなったのでしょう?<古い!
テンは一度味見をしてみることをオススメします。感想をお聞きして美味しいのでしたら食べてみることにします。

しぇふさま

皆さんに均等にお裾分け致しますよ。次のオフ会でのメイン料理はこれですから(笑)

じゃんさん

もう肉はたくさんです!もう食えね~(笑)
毛皮のなめしを練習する題材として送りましょうか?

小隊長殿

丹頂?・・・宜しくお願いします(爆)

テンは夜行性ですが、鳥猟をしていると時々見かけます。でも、素早くて撃つ間がないですね。昔なら高級ってことで今は需要がないと思いますよ。小隊長殿の肩に頓挫していると超高級にみえると思いますので是非!テンが居ないならキタキツネでどうぞ(笑)

seraviさん

毛皮が良すぎると、無くなったとか別なものに変わってた、なんてことはよくあることです。おそらくヌートリアになって帰ってくるのでは?(笑)

テンは食べました!メチャ美味しいです!seraviさんも是非食べてみてください。でも、人により味覚は違うので、試食後の感想をお待ちしております(爆)

毛皮は自分でなめされるんですか?鼬は見たことあるけど、テンも岡山には居るんですね。始めて見ました。

美食家のテン

テンは佐渡の朱鷺を襲って有名になりましたが、一般にはあまり知られていないようですね。しかし、九州山地にはごく普通にいるようです。夜のホタル調査、そして昼間のサルナシ類の調査で林道を走っている間に何度も車の前に出てきました。

テンの落し物と思われるものの中には果物の種が多いみたいです。九州大学演習林の研究レポートなどを見ても、アケビやムベ、そしてサルナシ類を食っていることがわかります。小型動物(ネズミなど)を襲い、肉の後は果物でデザートを楽しんでいるグルメさんと理解してよいと思います。

busby6898さん

なめしは勉強して自分でやるのが理想ですが、猟期でもありとても忙しいので今回はどこかに頼もうかと考えています。そちら方面でもテンはいると思いますよ。ただ、一瞬しか見えないことが多いので普通の方はそれとわからないでしょうね。道路に転がっているものも時々見かけますが、時期が悪かったり状態が悪かったりで今回のようなものは稀です。見つけたらなめしに挑戦してみてください。

beachmolluscさん

ほ~!なんと!肉食かと思っていましたが、デザートも食べるグルメだったんですね。毛皮にしか興味はありませんでしたが、そういう生態を真近で見るのも楽しそうです。そうそう、この毛皮でウグイを獲る漁法もあるようです。それもやってみたいですね。

おー、奇遇です。
私もまったく同じようなことやってます。
でも不器用で飽きっぽいから、なめすまで行き着けないかも(笑。

ルース2191さん

そうですか!偶然とはいえ気が合いますね(笑)私もこのテンの行く末を案じています(爆
寒い地方では、こちらよりも毛質が良いのでしょうかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">