狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

射撃大会

日曜日に、地元猟友会主催で射撃大会が開催されました。

この大会は、点数を競うものではなく、猟期前に銃の点検と銃の取り扱いを熟知してもらう為に行なわれました。

何年も前から、提案していたのですが、今回はじめて開催する事になりました。

猟の申請をしている者の全員参加が理想ですが、半数くらいが参加したようです。

トラップとスキートで好きな方を2ラウンド撃ちました。


トラップ射場です。アメリカントラップといって放出機が全部で3台しかありません。
ほとんどの人がこちらで撃っていました。スキートの挙銃動作が苦手な者が多いようです。

IMG_1995.jpg


スキート射場です。飛ぶ鳥をイメージして作られていますので、狩猟の練習には良いですね。
この射場は、山の斜面が近くてクレーのスピードが速く感じます。慣れないと目の錯覚で銃の動きの方が速くなり過ぎ当りません。
IMG_1996.jpg

久々のクレー射撃ですが、恥ずかしくないくらいは当りました。鳥にはなんとか当るでしょう(笑)

写真には、私は写っていません。写真撮ってましたから(笑)


この銃は、私が猟で使っている散弾銃です。

IMG_2003.jpg

この銃で主にヤマドリ、キジを獲っています。猟をされている方は、あれ?と思われることでしょうね。
4つ足を撃つ為のスラグ銃身が付いています。銃身長が20インチで、一般的な鳥撃ち用の26インチ銃身と比べてかなり短いです。
ヤマドリ猟が主体なので、雑木やツル草が多くて長い銃身だと取りまわしが悪く、これにしました。
とても、使い勝手が良いですよ。イノシシが出たら、スラグに入れ替えて撃ちます。でも、弾を入れ替えているうちに逃げる事が多いですが(笑)

スポンサーサイト

コメント

私はここで射撃教習を受けました。
あまり撃たないので、他の射場は殆ど知りません。
なので、
「この射場は、山の斜面が近くてクレーのスピードが速く感じます。慣れないと目の錯覚で銃の動きの方が速くなり過ぎ当りません。」
なんて気づきようもありません。
たまーに行くと見えません。
殆ど行きませんが、川ガニさんをお見かけしているかもしれませんね。
お会いしましたら宜しくお願いします。

良い銃を使っていますね(^^)。私のは30数年前に買った1100です。今ではビンテージになってしまいました(笑)

taironさん

お父さんの写真をブログで拝見しましたが、写っている車と顔の感じから、たぶん、あの方かなと思っています。以前は、この射撃場に入り浸りでしたが、今はあまり足を運んでいないので、会う機会が少ないと思いますが、お会いできたら嬉しいですね。最近は、空気銃射場の方に居ることが多いです。

シェフさま

レミントンの1100ですね。重いですが、よく当るので今でも持っている方が多いですよね。猟用の銃としては名銃です。私のは安物ですが、銃床がプラスチックで銃身が短いのが気に入っています。雨とか雪の日にも猟に行きますから、木製銃床だと木が膨らんで戻らなくなり使いづらくなりますがそれがないです。後、弾詰まりしにくい構造なのが良い所です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/77-877b32ba

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">