FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

高梁川水系河川整備計画の策定(その1)

月曜日の昼から「第1回 明日の高梁川を語る会」の傍聴に行ってきました。会と柔らかな名称ですが、実際はとても重要な会議です。

高梁川水系の河川整備基本方針が8月に策定され、それに則って今後の整備計画を策定する為に、学識経験者を集めて意見を聞く会でした。

今後この会が何回も開催され、住民の意見も取り入れられて1年4ヶ月後くらいを目標に原案が作成されます。

11.50001.jpg

学識経験者は、大学関係の人や専門家のようでした。

今現在、高梁川は治水、利水が優先され魚の棲む環境は悪化するばかりです。

河川法が平成9年から変わって、計画の策定には「環境」についての事項も踏まえなければならなくなりました。言い換えれば、それまでは「環境」の事は無視して来たと言う事です。

今後の高梁川は、この整備計画の策定で決まってしまいますから、どんどん意見を言って、環境が良くなる方向に計画してもらわなくてはいけません。

それにしても、こんな大事な会議を傍聴しているのは、何人かの役人以外には殆んど居ません。

いかに、流域住民が川に興味を持っていないか、携わっていないかが、わかりますね。

今後、この計画の策定までを追って行き、随時報告したいと思います。

今回は、第1回ということで、座長を決めたり、今後の策定までの流れや高梁川の現状と問題点を国土交通省河川事務所から説明がありました。

具体的な話は、2回目以降となりそうです。

スポンサーサイト



コメント

口では自然が大切と言いながらも、実際には何もしない人が多いのは残念なことですね。

まだ1回目ですから、これからを期待しましょう。それにしてもどの地域でもお役人の態度は気に入りませんねぇww。

シェフさま

日頃色々な問題点を口で言っている人は多数居ますが、それをなんとか改善しようとう行動に移す人は少ないですね。自分が何を言っても変わりはしないと思っているようです。確かに、最近までの行政の動きはそうでしたが、それも今は変わりつつあります。ここは何とか現状の問題点を改善してもらうように働きかけたいと思っています。

セラヴィさん

役人と言うのは、法律にのっとって行動しますから、法律が変わって環境の事を考え地元の意見を反映しながら計画しなさいとなれば、聞く耳がはえてきます(笑)
学識経験者は、どのように決めたのか説明がなかったのが残念ですが、さすが、と言う方もおられ、役人がたじたじと言う場面が何回もありました。すべて記録に残る会議ですから役人も大変でしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/78-dbca9665

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">