狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

ブドウの栽培

私が住んでいる地元では、果樹の栽培が盛んです。

なかでも、モモとブドウは作付け面積が広く全国に出荷しています。

モモは露地ものしかないので収穫期間が短くあっと言う間に終わってしまいますが、ブドウの方は、露地ものの他にハウスものと加温ハウスものがあるので、比較的長期に収穫できるようです。

でも、それだけに手入れも長期間する必要がありますね。

これは、加温ハウスで一房づつ適正な数に実を間引いている様子です。

F1002173.jpg

左の方は、この道何十年、60年くらいかな?、この作業をしているので手が早く、あっという間に一房の間引きが終わります。

それに比べて、隣の奥さんは、経験年数が短いので一房間引くのに3倍くらいの時間が必要です。

F1002174.jpg

といっても、素人の私と比べれば2倍くらいなスピードじゃないかと思いますけど。

ま、スピードはそうでも、私がやると売り物にならないってことになるでしょうが。

F1002175.jpg

この作業が、延々と1ヵ月以上も続くので目や肩、腰に疲れが蓄積しそうでうね。

F1002176.jpg

いやはやこの根気と体力には脱帽です。

ちなみにこの方、78歳です。

農家の方は、皆元気ですね。元気で長生きの秘訣は農業ってことのようです。


ブドウとモモは、来月には収穫できるものが出てきそうです。

こちらのように、堆肥と有機肥料を使用し農薬をほとんど使わない育て方をしている果物は特別に美味しいですよ。

私が、そういうこだわった育て方をしている農家から直に購入できるというのは、非常に恵まれていると常々感じています。

あ!間違い!購入ではなくタダでもらうでしたね(笑)

今年は、気温の上昇が遅かったので、今の所、例年より少し生長が遅いようですが、今後の天候次第では例並みになるかもわかりません。

果物の好きな方々、もう少しお待ちくださいね。


スポンサーサイト

コメント

最終目的

農作をしながら漁や猟をやっているのは、完全自給自足生活を目指していたのかと思えば、長生きを目指していたのですね。
納得(笑)♪

このように生きた教材と年季の入った教師がそばに存在するのは実に恵まれた環境だと思います。それもこれも互いの実直な人間関係により築かれた産物ですね。言うなれば人間関係の無農薬栽培ですな(^^)v。

じゃんさん

私には長生きをしないといけない理由があるでしょ(笑)じゃんさんも早く仲間になりましょうよ。

しぇふさま

> 言うなれば人間関係の無農薬栽培ですな(^^)v。
しぇふに座布団10枚!

偏屈な年寄り相手で嫌になることも多いですが、中にはこういうお手本にしたいような方も居られますね。
こういう方が持っている長年の知識を受け継ぐ者が居ないのはもったいない話です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">