狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

カボチャの収穫

カボチャの実が完熟しました。

これはミニカボチャの坊ちゃん。

P6302930.jpg


こちらもミニカボチャの赤い坊ちゃん。

P6302931.jpg


こちらは、ロロンという品種です。

P6302932.jpg

これ以外にも、借りている畑には固定種を3種類植え付けています。

そちらも大きくはなっていますが、完熟までにはまだ少し時間がかかりそうです。

本日の収穫は、坊ちゃんと赤い坊ちゃんを1個ずつ、他は様子を見ながら随時収穫するつもりです。

P6302940.jpg

種袋には、熟したカボチャの重さを表示しているので、試しに計ってみると。

P6302945.jpg

坊ちゃんは、表示通りのジャスト500g。

そして、赤い坊ちゃんはというと、こちらも表示通りのジャスト300gです。

P6302946.jpg

凄いですね!さすがF1種です。

これが、F2や固定種になると、こんな正確な重量にはならないでしょうね。


カボチャが完熟したことを判断するには、蔓との接続部が茶色くなったのを目安にしています。

それと、実が付くと養分がそちらに取られるので、蔓の伸びが止まり雌花が咲き難くなりますが、実が完熟して養分が取られなくなると再び蔓が延びて雌花が咲き始めます。

数日前から、蔓が勢い良く伸びだし、雌花が毎日咲き始めました。

これはロロンの雌花です。2日前から咲き出してこれで5個目です。

P6302942.jpg


こちらは、坊ちゃんの雌花です。

P6302943.jpg

着果→停滞→完熟→生長→着果→停滞→完熟、の繰り返しで収穫していくのだと感じていましたが、色々と調べていくと仕立て方を工夫すれば停滞無しで栽培が出来て大量収穫が可能だとか。

最近特に面白いと感じている事は、仕立て方や整枝方法です。

この技術を取得しているかいないかで収穫量がずいぶんと変わるようですからね。

昨年度も、色々と試してはみましたが、今年はもっと多くの野菜で試行錯誤してみたいと思っています。というか、現在進行形です。

でも、気温が高くなり蒸し暑いので、気力が低下気味ですけど。

ウナギでも捕りに行って、元気をつけるかな~(笑)


スポンサーサイト

コメント

暑いですね

こう暑いと畑仕事は疲れるでしょ?
そろそろウナギ獲りと鮎獲りとピーチイノシシの記事を心待ちにしています(笑)。

じゃんさん

畑もウナギも鮎もピーチイノシシも暑いです。エアコンの効いた涼しい部屋で昼寝でもしていますわ(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">