狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

忍者猪

桃の季節になると毎年イノシシに侵入されて桃を食害されている畑です。

P7083011.jpg

周囲はトタンで囲ってありますが、そのトタンを乗り越えて毎日イノシシが入り込んでいました。

農家の方は、桃のオフシーズンには毎年柵の補強をして「来年は絶対入らせない」と言っていますが、毎年入られています。

「トタンなんかいくら補強しても駄目だからワイヤーメッシュに替えてください」と毎年言っている私。

でも、今年はトタンを2段にして単管パイプで補強もしたので見た目は期待できそうですね。

P7083012.jpg

でも、桃のシーズンになると、やはりイノシシに毎日入られています。

それに、「今年はどこから入っているのか判らない」とのおまけつき。

「何度探してもわからないから見に来て」と連絡があったので畑を一周してみることに。

途中、イノシシの足跡を発見!

P7083014.jpg

足の向いている方向を追って行くと。

P7083015.jpg


ありました!

P7083016.jpg

草に隠れて見えにくいですが、トタンの下をへこませて出入りしています。

農家の方を呼んで「ここから入っとるで」と言うと、「ありゃあ~ほんまじゃ、こんな所に穴が開いとるが、あした直すわ」と言います。

P7083022.jpg

私が「きょう直さんと、きょう晩に入られるが」というと、「そうじゃな~」と言って、使えそうな鉄板を探して来て修理を始めました。のんきなおじさんですね(笑)

P7083024.jpg


そこは任せて、別な出入口があるかもわからないので探して周ると。

昨年、土砂崩れが起こり修理した場所に来ました。

P7083017.jpg


その斜面に目をやると、アナグマの足跡があります。

P7083019.jpg


その先には、アナグマが通れそうな隙間があります。

P7083018.jpg


その3m横にも隙間が見えます。

P7083021.jpg

隙間の奥に目をやると、ここにもアナグマの足跡があります。

P7083020.jpg

「低い位置だけ食べられている木がある」と言っていた犯人はアナグマだったようです。

最近はアナグマが増えて農作物に被害が多発しているんですよね。


本日の捜索はこれで終わり。

これでイノシシの侵入が無くなれば嬉しいのですが・・・


スポンサーサイト

コメント

アナグマ

アナグマの捕獲許可は出ていませんか?

まぁ「小ぶりなイノシシ」ということで大丈夫ですよ(笑)。

アナグマの足跡って写真では良く解りませんでした。
足の裏と、足形の写真を見てみたいです。


・・・岡山にも山中にはダニがいるんですね、知りませんでした。
川に漬けたくらいではだめですね。
冬には大丈夫なんでしょうか?

こ・これはもしやピーチアナグマでは?

農家のみなさ~ん!

早く駆除の申請をしてくださ~い。

攻防戦の結果が楽しみです(^^)v。

じゃんさん

アナグマの許可は痴呆になっている鳥獣保護員が出しません。何度言っても無駄なので任期が切れて別な者になったらでしょうね。
「小ぶりなイノシシ」?ふむふむ、メモしておこう(笑)

yasさん

> 足の裏と、足形の写真を見てみたいです。
「小さなイノシシ」として獲るしかないようですね(爆)

ダニはシカが生息している地域には非常に多いですよ。それにヤマヒルもいるようです。
こちらは恵まれていてダニが非常に少なく山に入っても付くことはほとんどないです。ヤマヒルも見たことないですね。
撃退するには焼くか熱湯をかけたりしないと駄目ですよ。厄介な奴らです。

マルカッさん

そうです!これぞ天然記念物級の希少種ピーチアナグマです!
めっちゃ旨いです!・・・たぶん(笑)

農家の方は駆除の要望をしていますが、脳細胞の消滅が加速した鳥獣保護員が許可しません。
やはり「小さなイノシシ」という手しかありませんね(爆)

しぇふさま

実はこの畑、他市なので手が出せません。ちょうど市の境にある畑なんです。隣の市からは道がなくこれないので、市を超えて許可を出すようにお願いしていますが、市の担当は面倒なのでしょう、まったく動きません。困った人が多いですわ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">