FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

ヘッドショット

週末は3連休でしたね。

普通ならヤマドリ、キジ狙いで、2泊3日の遠征猟となる所ですが、初日の夜に用事があって、1泊2日の予定でしたが、これも急遽都合が悪くなり、キャンセルして地元で猟をする事になりました。

初日は、自家消費用にカモを獲ってくる事にして、いつものように朝遅くに出猟しました。

猟場に着いてすぐ、カルガモを見つけて2羽獲りました。

脂の乗りもマアマアなので、食べるにはこれで十分です。

この後の狙いは何にするかな?と考えて、空気銃の「ヘッドショット」で獲物を獲ることを今年の目標にしていた事を思い出しました。

「ヘッドショット」とは、獲物の頭に弾を命中させることです。

とても高等な技術なので、私には縁のない猟法と思っていましたが、時間も十分にあり、おみやげの心配もないので、クオリティーの高いジビエを目指して、今日は、これから後の獲物にはすべて「ヘッドショット」と決めました。

まず、35m先に寝ているコガモを発見!

頭に狙いをつけ、引き金を引きました。プシュ→バシュ→バタバタ

なんと!当ったではありませんか。

気を良くして次の猟場に。

木の下に隠れているカルガモ2羽発見!

距離50m、これも頭に狙いをつけ、発射!

バシャバシャ、あれ?外したかな?

よく見ると陸の方に居ます。それにもう一羽も居る。

撃ってない方に狙いをつけ発射!

バシュ!即倒です。

先に撃った方は、頭を持ち上げています。

頭には当っていますが、急所を外したようです。

しばらくすると、池の対岸目指して泳ぎだしました。

やがて対岸に泳ぎ着き、じっとしています。

困った事に対岸には草が多くて、立射しかできません。

自慢ではありませんが、私には、立射のテクニックはまったくありません。

そこで、友達である空気銃の神様、エアーマニアさんに応援の電話をしました。

丁度、猟から帰っている途中のようで、しばらくすると来てくれて、立射20m、ヘッドショットであっさりと決着がつきました。

そして、猟荷がこれです。

F1000062.jpg


次の日は、カモはいいからバン狙いで「ヘッドショット」と決めこの猟荷です。

F1000063.jpg

バンの横にいた、コガモもついでに。
F1000064.jpg


3日目は、羽を毟る事を考えると、さすがに獲るのが嫌になってきましたが、家でじっとしている訳にも行かず、昼前に出猟して、今までの最長である60mの「ヘッドショット」を決めました。それも2羽です。

完全に自信が付きました。というか、天狗になりました(笑)

次は、70mに挑戦か・・・ムリ!


最長60m「ヘッドショット」の2羽です。

F1000066.jpg


他にも獲ったので、毛を毟るのは全部で14羽となってしまいました。

やりすぎだ~~!!!


スポンサーサイト



コメント

お見事。カラスの有害ではいつも翼を撃ち、半矢で逃がしている私には神様に見えます。ところで、タマネギの袋に入れて吊るしてあるのはどうしてですか?

トシベエさん

今シーズンは、パワーに見合う弾の選択が良かったようで、かなり良く当ります。空気銃の場合、射撃の腕はあまり関係ないですから(笑)
メッシュの袋に入れているのは、羽が散るのを防ぐ目的と蒸れないようにする目的とハエがたからないようにする目的です。空気銃で獲った場合は、羽が散る事は少ないですが、散弾銃で獲ると羽が舞ってしまい、そこら中に散乱します。

お見事!!

いやぁ、お見事でありますな。
私はまだ1回しか出猟してません・・・
おまけに、猟区で獲物に出会ってません・・・

今度は、エースでヘッドショットを。。。

ヘナK小隊兵長さん

いや~、最初はまぐれと思っていました。空気銃って凄いですよね。
私も、今度はエース4.5でヘッドショットを目標にします。50mまでの精度はエースの方が上ですが、風に弱いですから無理かな?
猟期ですから出猟が鉱物探査より優先です。なんてことは絶対言いませんよ。上官には絶対服従ですから(笑)

ネックショットお見事です!吊るされている鴨が照る照るボウズみたいに見えるのは私だけ?
毛毟るのに疲れたら、いつでも処理いたします(爆)。

ヘッドショットに慣れてしまったら散弾銃で獲った獲物はメンタル的に食べられなくなってしまいます(^^)。とてもいいことですね。ぜひ回りの方たちにも食べる場所を傷付けない獲りかたを広めてください(^^)v。

セラヴィさん

さすがセラヴィさんですね。普通の人は、可愛い照る照るボウズを想像する前に、エグイと思ってしまうでしょう(笑)
セラヴィさん家が近かったら、獲ったジビエを羽付きのまま持ち込み料理してもらって、毎日食べさせてもらうのにな~。

シェフさま

シェフのおかげで、羽を毟ったあとの肉に、弾痕があるのが許せない気持ちが、やっとわかりました(笑)
周りの猟友にもヘッドショットを勧めて見ますが、たぶん、自慢を言っているとしか受け取らないでしょうね(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/87-ad37eb29

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">