狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

あちゃー!

今日はカラスの一斉駆除日でしたが、一週間ほど前に私が緊急出動して撃ったのでカラスの姿が見えません。

早々に切り上げて、数日前に桃を入れたイノシシの捕獲檻を見回りに行きました。

桃をやっと一箱もらったのでイノシシが近くに出没している檻に入れてセットしておきました。

3ヵ所セットしていた内の1ヵ所でウリ坊が獲れていましたが、逃げる途中に首を挟まれています。

P8203282.jpg

桃を食べてよく太り美味しそうなウリ坊なのに・・・

今シーズンは、私的なことで忙しくて仕方ないですが、イノシシが獲れませんね。

少し前に記事にした、ワイヤーを切られて逃げられたイノシシの数日後に、また別なイノシシにワイヤーを切られて逃げられました。

今回は私が行った時に、目の前で逃げて行きました。


悔しいので、もう桃のシーズンもほぼ終わりになったのですが、農家の方に無理を言って桃をもらい檻に入れました。

P8203283.jpg

美味しそうなのが、数頭獲れないかな~。


スポンサーサイト

コメント

首はさまれたヤツは死んでたの?

しぇふさま

冷たくなっていました。
この捕獲檻は、危険防止のために扉が下りても地面から5cmくらい上で止まるようになっています。15cmくらいないと生きてはいないでしょうね。でも、それだとこの時期のウリ坊は扉が閉まってもすべて逃げるでしょうが(笑)

きっと。。。

フランスには「窒息鴨」なんていう高級食材もあるくらいだから、きっと窒息ウリボウもイケルと思いますよ(笑)。

じゃんさん

なるほど!そういわれればそうですね!この捕獲檻は特殊な仕掛けなので以前にも「窒息猪」になったことがあります。おそらく、またなるでしょうからその時には送ります(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">