狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

銃の更新申請

本日は、地元警察署に許可銃の更新申請書を提出してきました。

F1002231.jpg

1銃につき3年毎に更新手続きが必要です。

誕生日の1ヵ月前までに申請書を提出しないと許可が取り消されます。

残り日数が数日だったので慌てて本日中に全ての書類を揃えて提出しました。

書類は、「猟銃等所持許可更新申請書」「使用実績報告書」「経歴書」「同居親族書」「誓約書」「身分証明書」「診断書」です。

私が提出した書類の他に、春に行われた「銃の一斉検査」と同じ聞き取り調査を窓口で行い、その後、管轄の交番から自宅に聞き取り調査と銃と弾の保管状況の確認、それに近所での聞き取り調査を行い、問題が無ければ更新が行われます。

更新に必要な金額は、
更新手数料:散弾銃 6,800円
        空気銃 4,400円
身分証明書:      300円
診断書:        3,750円
この他に、今回は免除ですが次回からは実技講習 12,300円が3年に一度必要となります。


近年は、提出書類が増え、聞き取り調査の回数も増え、必要なお金も増え、防犯上で銃を所持していることを内緒にしていたのに警察が近所に教えて回るので日々盗難に怯え頭の毛だけは減りました。

これじゃ、銃の所持者が増えることはないですね。

ついでに車の更新申請もこれくらい面倒にすれば、運転する人が減り事故が少なくなるでしょうね。


スポンサーサイト

コメント

>‥‥警察が近所に教えて回るので日々盗難に怯え頭の毛だけは減りました。

わははは、京都の遊び仲間の2人も今年から更新しなかったそうです。
やはり、警察があっちこっちに「あそこには猟銃があるぞ!」って教えるからだそうです。
ちなみに、頭の毛が減ったかどうかは知りませんが‥‥‥‥(笑)

私も今回更新でした。て言うかまだ更新完了のハンコをもらっていませんけどね。

更新のために精神科に行って「はいあたなは自分で自分のことを狂っていると思いますか?」なんて聞かれて『ときどきそう思うことがあります』なんて答えている自分がいたりします。

すると先生は「自分で自分が狂っていると思うやつに限って狂った人間はいないので、はい合格」なんて言ってテキトーな診断書を書いて3150円も取ります。

警察は警察で「借金はありますか?」とか「体調はどうですか?」なんて聞いてきます。

そんなプライバシーをつついていいの?なんて思いますが、長いものに簡単に巻かれちゃう私はつい『ありませ~ん』 『あっちがからっきしダメになったくらいですね~』なんて言ってへらへらしちゃってます。

私も再来年の更新から実技を受けるようになりますが、どうやら警察は本気で所持者と暴力団を減らしたいみたいだし、環境省は本気でハンターを増やしたいみたいだし、役人の頭の中はもうメチャクチャですね。

ところで土曜の晩だと言うのにめちゃめちゃ店がヒマってどういうことよ?

ま遊んでばかりいるから仕方がないっちゃ仕方がないんだけどね~(ははは)

うんざり…

私は所持して2年なのでまだ更新申請の経験がありません。
でもこれ見たらうんざり…。
警察の聞き込みが原因で猟銃所持がバレて盗難、なんていうことになったら制度が変わるのかなぁ~。

自然薯さん

近所ではおとなしいおじさんで通っていたのに今は危ないおじさんに変わったようです。日本では銃所持対する偏見がありますからね。まあ、それは我慢するとしても一番の心配事と問題は盗難されやすくなったということですね。もし警察が近所に言い触らしたのが原因で盗難被害を受けたら警察が責任を取ってくれるんでしょうかね。

しぇふさま

本日、警察官が確認のために自宅に来ましたが、昨年と同じ人だったのでわりと簡単に終わり、更新してもらえそうです。
昨年は診断書に5000円も支払いました。高い人だと7000円も支払ったそうです。なぜ高いのかというと、痴呆の検査までするからです。それって75歳以上だけの筈なんですけどね。制度が変わる前までは1000円だったんですけどね。

長期休暇が続いたので閉店でもするんじゃないかと敬遠されてるかもしれませんね。真面目に仕事してください、それか、こちらに移住して来て子育てと猪獲りを手伝ってください(爆)

じゃんさん

じゃんさんの場合、盗難より同じマンションの住人に、「銃を持っている人が同じマンションに居るなんて怖くて住めません。出て行ってください。」と言われるのでは?引越しの準備をしてください(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">