FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

100日の子犬

仕事のついでに、前回紹介した子犬の成長ぶりを見てきました。

○島さんちの子犬です

普段は、このゲージの中におり、運動時には外の通路と階段で遊んでいるようです。

F1000101.jpg

用便のしつけがよく出来ていて、ゲージの中でしくじる事はほとんどないそうです。

F1000104.jpg

子犬らしさがあり、過度なしつけをしていないのが解かりますね。

F1000102.jpg



○藤さんちの子犬です。

とても大きく体格良く育っています。体重が10kg位はありそうです。

残念な事に、60日の子犬に占領され外のスペースに居れないようです。

F1000098.jpg

しつけが良く出来ており、人の手を噛んだり、ズボンに抱きついたりする事はないです。

F1000100.jpg

生後60日の子犬です。

どの子犬も丸々と太っています。奥さんが1日中つきっきりで世話をしていますので、人にも良く慣れ、誰にでも愛想が良いです。

F1000099.jpg


わが家の子犬です。

F1000117.jpg

かなり大きくなりました。体重は8kg位でしょうか。

F1000118.jpg

今は、一生懸命に可愛がってるだけで、好き放題にしています。

強制をして何も教えていませんが、呼びに対する反応と運搬は今のところ合格です。ハウスは、だいたい覚えたようです。

もう少ししたら、ワクチンの注射に連れて行き、その後にはフィールドに連れ出したいと思っています。

今からかなり機敏な走りをしているので、早く外に連れ出してみたいですね。

最初に野生鳥(キジ)に合った時に、どのような反応するかが最も楽しみです。

かなり期待しているのですが、感度無しかも解かりません。もっとも、普通はまったく感度を示さない事が多いですが。

何度もキジの居る所に連れて行っているうち、偶然に子犬の目の前からキジが大きな羽音を発して飛び立つ事があると、始めてキジの臭いを理解します。

その偶然がなかなか来ないんですよね。

置き鳥で訓練という手もありますが、やり過ぎるとマイナス面が多く出てきて、それが後々まで修正できずに大変な目に合うことがよくあります。

手間は掛かりますが、実猟に使う犬は、野生鳥で訓練しないと鳥を獲れる良い犬にはなりにくいですね。

でも、猟期中ですから、あまり子犬の相手はしていられないですわ(笑)



スポンサーサイト



コメント

どの子もアイコンタクトがしっかりできているようで、将来が楽しみですね。是非大分県でも許可を取って、猟に来て欲しいなあ。鴨、キジ、ヒヨドリ、キジバト、たくさんいますよー。

セラヴィさん

猟師仲間では、人の顔をよく見る犬でなければダメだと言いますが、他の競技に使う犬でも同じなんですね。大分県でも猟を受けてみたいですね。アカヤマドリがいるんですよね。来年は、子犬がいるのでキジの多い場所を受けようと考えています。大分県にはたくさんキジがいるのですかね?一日に20羽くらいは出会えるようだと子犬の仕込みになるんですが。宮崎県を受けるかもわからないので、そのついでに受けるのもいいかも。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/94-6525e478

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">