狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

発酵肥料作り開始

12月10日から今年の発酵肥料作りを開始しました。

PC103915.jpg

昨年から「発酵肥料のつくりかた」という書籍を参考にして作っていますが、昨年のものは、乳酸発酵と酵母発酵が上手くいかず完全なものが出来上がりませんでした。

今年は、別な書籍を参考にして作り方を変えてみようかと思いましたが、悔しいので同じやり方で再挑戦することにします。

材料は、昨年とほぼ同じで、米ぬか、菜種油かす、魚粉、骨粉、カニ殻、エビ殻、大豆かす、等です。


まず、米ぬかに麹菌を入れ撹拌して発酵させます。

PC103918.jpg

その後は、納豆菌→乳酸菌→酵母菌と発酵させて完成となります。


材料をすべて積み込み発酵開始。

PC103922.jpg


積み込み直後の温度が10.2度。

PC103924.jpg


一週間後の予定温度は45度。で、一週間後である本日に計測すると45.1度になっています。

PC163943.jpg

順調に第一段階の発酵はクリアしたようです。

次の第二段階の発酵は、納豆菌による発酵。ここでは、最大温度70度を目標にしていますが、昨年は、60度台までしか温度が上昇しませんでした。

今年は、エビ殻を追加したのでもう少し温度が上昇するのではないかと期待しています。

第二段階の納豆菌は、勢力が強いので発酵に失敗する事はないと思います。というか、納豆菌の発酵を押さえて第三段階の発酵である乳酸菌、酵母菌発酵に移行するのが難しく、ここで昨年は失敗しました。

今年は、同じ失敗を繰り返さないように対策は考えていますが、さて、どうなりますやら。


スポンサーサイト

コメント

こうなるともう・・

学者の域ですな(笑)

しぇふさま

いえいえ何事もそうですが、判ってしまえばどおってことないですから。何度か経験すれば、コツがつかめ失敗なく作れるようになると思います。そこまでの気力があるかどうかが問題ですね(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">