FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

ヌートリア

猟期になって、ヌートリアの駆除依頼が来ていた事を、以前に記事にしました。

その時には下の2タイプのワナを仕掛けていましたが、上のカゴは小さすぎて逃げられてばかり、下のくくりは穴の近くに設置できないのでまったく入りません。

F1000087_20071210114110.jpg

F1000088_20071210114122.jpg



そこで、新にカゴの大きなものを設置して、今日見に行ってみると入っていました。

やっと獲れましたね。このカゴ以外は獲れない事がわかりましたので、これを使い回しして駆除しなければならないようです。

IMG_2065.jpg

IMG_2064.jpg



駆除依頼をした農家の方が来て、これよりももっと大きなモノがいると言っていました。尻尾が自転車のグリップくらいあるそうです。

1箇所大きな穴があるので、そこにはそれがいるかもわかりません。楽しみですね。

大きなものが獲れたら、毛皮をなめして襟巻きにでも、肉はヴォナ村で食べるとか(爆)

とりあえずは、長らくお待たせしているシェフにお送りします。さてどんな料理になって登場するのか楽しみですね。

今日は、時間がなくて処理できないので、後日処理して送ります。

逃げたりしなければいいけど・・・




スポンサーサイト



コメント

シェフの腕にかかるとどんな料理になるのか興味津々です。ネズミの仲間だからウサギにも近い味かしら。
関アジ、関サバですが、またどこかに行方不明になりました~(爆)。

ネットで検索するとアメリカでは食べることを奨励しているらしいですね。食材と言うコトであれば何にでも果敢にチャレンジ。

seraviさんも分けて頂いて、「ヌートリアの燻製・姿造り」なんていかが?
以前それをウシガエルでやって友人に送ったら超ウケていました。
もちろん食べて美味しいと言うのが大前提です。
贈っても美味しくなかったらただの嫌がらせになっちゃいますものね(笑)。

なので川ガニさん、出来れば二匹ほど送って下さい。
一匹は「ヌートリアのスモーク・リアルフィギュア風」と言う作品に仕上げて進呈したいと思います(^^)v。

実物は見たことないですが、大人しいんですかね。おりから出す時、手なんかかじられたら痛いじゃすまいんでしょうか?
>シェフさん、それって姿焼きというか丸焼きですかあ。香ばしそうですが、さぞ迫力があるでしょうね。

セラヴィさん

そうですね、ヒゲがある所はウサギに似ていますねw味は、自分で確かめてくださいwww
アジ、サバは回遊魚ですから潮でいる場所が変わりますよね。根付きのアジ、サバがいる良いアジロがあれば最高級のモノが食べれるでしょうが。

シェフさま

アメリカで奨励?何かの病気に効き目があるのでしょうか。それなら買ってでも食べないといけませんね。病気の特効薬ヌートリアを食べれるお店として、アレコが有名になるかも(笑)
今日1匹目を送りましたので、明日届く予定です。獲れるワナが1つしかないので、2匹目は獲れ次第送ります。1匹目の状態を見て、処理や保冷の方法を変えたほうがよい所は言って下さいね。気に入ったら何匹でも送りますよ(爆)

トシベエさん

草食なので気性はおとなしいようですが、かなり歯が大きいので、噛まれるとただでは済まないでしょうね。話の種に食べるお気持ちがあれば送りますよ(爆)

ありがとう。ところで川ガニさんは食べたくないの?(^^)
スモークして送ろうかなと思ってるんだけど(むふふ)

届きました

大きなネズミが届きました。まさにネズミですね(笑)。だんだん危ない方向に向かいつつある私です(笑笑)

シェフさま

えっ!え~~~
そうですか・・・
折角のご厚意なので少しいただきます。姿焼きは、ご遠慮申し上げたいです(笑)

シェフさま

あはは、ビックリしました?だからネズミと言ったでしょ(笑)
以前から危ない方向にいるような・・・(爆)
大きめの個体でしたから味の方はどうですかね。次はもう少し小さいのを送った方がいいかも。

なんのこれしき。昨夜バラしました。首から背ロース&バラ肉にかけてかなりの内出血が見られました。つまり血肉状態です。もし今後と殺する場合は、脳をエアライフルで一撃したほうが良い状態を保てると思います。大きさはこのくらいが料理素材としてはベストだと思います。今後獲れたらまた送って下さい(ちなみに着払いにして下さいね)。

今回のは半身を試食用に頂き、残り半身は私のオリジナルスモークに仕立てて進呈させて頂くつもりです(^^)。まさかと思うような逸品にして送りたいと思いますので、乞うご期待のほどを(むふふ)

シェフさま

と殺は、エアーライフルで3発頭に撃ちました。最初の2発は脳天の辺りを撃ちましたが、当たり所が悪いのかダメでした。最後の1発は目の後3cmくらいの所を撃ちました。それで即倒しました。弾が骨に当って兆弾したのか、4日間もの間ワナの中にいたので暴れて内出血したのでしょうね。他に推奨の場所がありましたら教えてください。
逸品ですか、ん~、楽しみなような怖いような(笑)

始めまして私も駆除業務をしていますが プレチャ―ジ式の空気銃 韓国製のサーバー
東京銃砲のサイクロンなど5.5m強力な空気銃でのヌートリアの駆除を模索してます
空気銃で仕留められるようですが 泳いでいるヌートリア 岸に上がっているものにに効果があるでしょうか? データーがほしいです
私も4.5mのイノバで狙撃したのですが逃げられたことがあります

イノシシの駆除は日常的にしていますがヌートリアの駆除をすることになりました
大きい個体だけを狙い罠でやってます 一日に3獲り困ったこともありました

mさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
ヌートリアは、水中意外でしたら首より上を撃てば効きますよ。ただし、距離が遠くなると効きが悪くなるので、パワーのある銃の方が良いです。それか弾を非鉛弾にすると貫通力が上がるので効きが良くなります。
私は、40ftで21grの弾を使っています。精度とパワーを両立できるのは、現在のところこれぐらいが限界かと思います。
4.5mmのポンプ銃でもコッキング回数を増やせば大丈夫だと思いますが、イノバだと限界が低いので中長距離は無理かも解りませんね。

mさん

おーすごい!そんなに獲れるんですか!
くくりワナは要請があると設置していますが、イノシシにはワナの存在が解るようで、なかなか獲れません。何かアドバイスがありましたらお願いします。
ヌートリアの駆除は、トラバサミが手っ取り早いですが、緩衝材で滑って毛だけのことが多いです。
最近は自作の柵(カゴ)で獲る人が多くなりました。数日間ほっといても良いのでお勧めですが、カゴの中に居るので始末するのが厄介です。

川ガニさんコメントありがとうございます 現在ハイパワー空気銃の購入を模索してます
イノシシの罠なのですが少しコツを覚えれば威力を発揮できます コツを書くと
山の等高線状のスレを狙う 山の中を移動するときはスレの上をあるく 罠を仮設するときは スレより下は いくら荒れても構わないですがスレより上は落ち葉1枚触らない 踏み込みの部分は周りより低くする 
試してみてください 

mさん

貴重なアドバイスを、ありがとうございました。早速試してみます。
イノシシを止めるのにも空気銃が使えますよ。ヌートリアより頭蓋骨が柔らかいようで、30ftで16grの弾でも1発です。狙い所は目の間か耳の辺りですが、肉が痛むので耳を撃つようにしています。
ヌートリアもその辺りを撃てば効きが良いですが、相手は泳いでいたり歩いたりしているのでそうは上手く撃てません。それとパワーがある空気銃でも弾が悪いと頭蓋骨で鉛がバラバラになって効かないことがあります。一般的に売られているJSBの弾なら大丈夫のようです。

川ガニさん

あの空気銃の充填ボンベどれぐらいしました いいですね A410?お使いですね
私は散弾銃どちらかと得意です フィールドの射撃によく出ます 購入を考えているのがサイクロン、 韓国製のサーバーといった具合ですいい情報がありましたら教えてください 

mさん

300気圧の空気銃のボンベは友達から譲ってもらったものです。新品だと15万円前後すると思います。新品だと使用できる有効年数は15年となっています。
250気圧のものは、その半値で半永久的に使えます。少し重いですけど。
私の持っている空気銃は、エアーアームスS410です。プレチャージ式の空気銃でこれが最も良いという銃は見当たりません。どれも一長一短です。お考えのサイクロンは、行きつけの銃砲店では最も売れている空気銃ですが、色々と不具合があるようです。
韓国製銃は、以前、パワーがあるということで一時ブームになりましたが、命中精度が悪くて今は使っている人が少ないです。今の新銃がどうかは解りません。
私の使っているS410も悪いところはあります。
どの空気銃が良いだろうか?とよく聞かれますが、すべての空気銃を使用したことがあるわけではないので・・・
あと、非常に重要なのはスコープです。命中精度が悪いことを銃のせいにしていることが多いですが、実はスコープが原因のことが多いように思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/95-0248410b

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">