狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

暴力団排除条例

昨年末に全国47都道府県で「暴力団排除条例」が公布されました。

岡山県でも「岡山県暴力団排除条例」が平成22年12月21日に公布されましたので、これを受けて猟友会への入会規定に条件を付加することを検討しています。

狩猟免許を所持して猟友会費を支払った狩猟者をすべて受け入れてきた猟友会ですが、今後はこの条例の趣旨に沿って加入者を審査する必要がありそうです。

以前の猟友会員は、主に猟銃・空気銃を所持する集団であったことから、銃の所持許可で欠格事由となる「暴力団関係者や暴力団関係者と関わりを持つ者、薬物常習者など」が加入することは無いと考えられていました。

しかし、昨今の有害鳥獣被害の増加に伴い、銃を所持しない会員が増加してきたことにより、猟友会という親睦団体に銃を所持できない欠格事由に該当する者が加入し、会員相互で関わりを持つことを懸念しなければならない状況になっています。

銃を所持できない欠格事由といっても、アルコール中毒なども入っていますから、「銃が所持出来ない⇒猟友会に入会できない」というわけにはいかないですね。

改正内容については、現在のところ以下のように考えています。
※「暴力団若しくは暴力団員等又はこれらと関係を有する者」は入会できない。また、警察が猟銃・空気銃を所持できないと判断すると同等な欠格事由を有する者や欠格事由に該当しなくなって5年を経過しない者も入会できない。但し、欠格事由が反社会的なものではない場合には、関係機関と協議して判断する。

この改正に伴い、入会希望者に対して審査をする必要が生じます。しかし、猟友会では、警察が行うような身辺調査をすることは難しいので、猟友会への入会申請書を作成し、その中で欠格事由に適合する者では無いという誓約書を提出することになると思われます。

入会申請書で、虚偽の申請が発覚した場合や申請後に欠格事由に適合する事態になった場合には、その時点において除名とする処置も必要ですね。

この件に関しては、分会ではなく県猟友会が指導する立場にあるのではないかという思いもありますが、動きを待っていては来期の狩猟登録に間に合わないのではないかという考えで勧めています。

猟友会の規定を改正するとなれば、臨時総会も開催する必要がありますし。


このブログをご覧になっている猟友会の方で、すでにこのような猟友会入会規定を設けられている猟友会分会はございますでしょうか?


スポンサーサイト

コメント

そうですね、今は何処とも銃所持者より、罠のみの方のほうが多くなりましたからそういう方向に向かうでしょうね。
今のところ京都府猟友会ではまだないようです。

なるほど。そういう方面の心配もあるわけですな。893関係の人はいない世界だと思っていたのは大きな間違いですね。

坪ちゃんさん

ちょっとした落とし穴ですよね。同じ会に所属しているということになれば関わりを持っていることになりますから、銃の所持許可を取り消されるということになるかもわかりませんからね。

来年度からは、多方面の申請業務で誓約書を提出しないといけなくなるようですよ。

しぇふさま

そうなんですよ!猟友会でちょっとしたトラブルがあったので色々と調べてみたら、問題を起こした会員があっち関係の人の身内だったという事件があったんです。それで、「猟友会は誰でも加入させるのか!」とお叱りを受けたわけなんですよ。

なるほど!

意外と気付かないけれど、そういう可能性もあるんですね。
罠猟の免許にはそんな調査はないですしね。

今後全国的に何らかの動きがあるのかな?

じゃんさん

狩猟免許は誰でも取れますからね。個人で楽しむだけなら特に問題はないでしょうけど、会の一員になるとか、市からの委託で行う駆除業務では、この条例に沿って人員の選抜をしないといけなくなるのではないかと思います。特にそちら方面は、厳しくなるんじゃないでしょうかね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内緒のコメントの方

こちらにありますよ。
http://chukyo-gun.co.jp/freepage_26_1.html
ご健闘をお祈りいたします!

 お初にお目にかかります。小生はM700SENDEROと申します。
 川ガニ様と同じく岡山県民ですが、住家は県の端の方になります。
そちらからなら車で約小一時間の距離になりましょうか。
 たまたまネットを徘徊していて、ごく近場の方からの発信である事を知りまして、
コメントさせて頂きました。お見知り頂けましたら幸いです。

 小生は今まで射撃(トラップ)が主体でしたが、縁ありまして、
今猟期より四足猟に足を踏み入れました。もっともビギナーですので、
チームのメンバーには迷惑をかける事ばかりでしたが、それでも
何とか無事に一猟期を終える事ができました。

 一通り本ブログを拝見させていただきましたが、川ガニ様は
猟友会分会及び駆除班で大変精力的に活動なさっておいでで、
見ていて大変頭が下がります。全く、我が街の分会の年寄連中に
爪の垢を煎じて飲ませてやりたいです。本当に!

 とは言いましても、小生はこの街の猟友会支部分会の在り方に
ほとほと呆れてしまいましたので、猟友会には所属せずに、自力で
狩猟者登録をしておりますので、もはや意見を言う資格はありませんが。

 被害の把握と駆除の許認可に関して無能な街の行政、金を貰っておきながら、
ほとんど何もしない腐りきった駆除班、分会員への会計報告さえ全く行わず、
分会の実務を役所の農林課に丸投げしていて活動の実態が全く分からない分会、
銃の事についてほとんど何も理解していない所轄担当者と、馬鹿の四重奏に
付き合って、ここ数年本当に空しくなりました。

 しかし何よりも救いが無いのは、この様な状況を作り出し、かつ、それを
是正しようとする気が全く無い、当地の鉄砲撃ちの「人間の質の低さ」に尽きます。
まず、893の排除よりも先にやるべきことが山積みかと思われますが、あと十年も
すればこの分会、いや、猟友会そのものが消滅するでしょうから、もうどうでも
いいのかもしれませんね。

 私は当地の鉄砲撃ちに失望してしまいましたので、狩猟の場も射撃の場も
隣県に求めるようになりましたが、当県にもまだ「まとも」な人が残っている事を
知れて本当に良かったです。

 乱筆乱文ご容赦の程を、出来ましたら今後もよろしくお願い申し上げます。

M700SENDEROさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
猟友会は大なり小なりどこもご同様なことがあると思いますよ。我が分会でもゴタゴタ続きでしたが、今回の役員改選で大幅に役員を変えたので良い方向に向かうと思います。
射撃教習が始まるこれからの3年間で猟友会員は激減するとおもいますので、役員になることも可能になると思います。猟友会に所属して改善の方向で活動されたらどうでしょうか?

駆除については、獲物が多いのを好む狩猟者に絶対数を減らす駆除を委託すること自体が間違いではないかと思います。役所としては駆除の実績より駆除班に委託しているということで住民からの苦情が処理できますからね。今後は駆除会社に委託するか役場で経験者を雇用して駆除隊を結成する方向になるのではないでしょうか?
とは言っても、今はやらなければならないので個々の駆除員に狭い範囲の受持ち地区を割り当てて責任を持って駆除をさせるようにしようと考えています。働きの悪い者は即刻解任です(笑)

こちらこそ宜しくお願いします!

 川ガニ様こんばんは。早速のお返事ありがとうございます。
 この街の猟友会分会は基本的に「駆除員=街からの駆除委託費の
山分け分の受益権利を持つ者」でありますから、駆除員のなり手「だけ」は
列を成している有様です。

 ちなみに当地でもこの数年間の締め付けで、所持者が二割以上は
減ったはずですが、それでもまだ相当数の年寄連中が小遣稼ぎを目的に
順番待ちをしている状況は変わりません。当然これらの任命を司る
分会役員の座も然りです。

 たまに果樹園を持つ知り合いなどから駆除を依頼されますが、一度街の行政に
自分に対して駆除者従事証を発行してもらえるかを尋ねたことがありましたが、
「猟友会分会長から推薦をもらえ」「駆除員のなり手は何十人も順番待ちだから、
あなたには一生回ってこない。」とぬかされました。

 委託費の分け前が欲しいのではなく、農家の人の現実を聞くに余りにも
気の毒な状況から、少しでも力になれたらと思っただけにもかかわらず、
全く聞く耳持たず。街からの金は要らないと言っても、「全部猟友会に
委託しているから、駆除班に言え」と全く話になりませんでした。
その駆除班がまともに機能していないからこそ、私の様な若造にまで
すがってきているのに、責任回避のお役所仕事の典型です。

 「働きの悪い者は即刻解任」は大賛成ですが、そうすれば
この街の分会の駆除員は全員解任になりましょう。
 駆除員を一旦全員解任して、猟友会分会経由でなく
直接行政が駆除員を任命して、実績に応じて金を支給するように
しないと、何もしない者が一番得をして、まともに活動するものが
割を食う現実は永遠に変えられません。
 もっとも、それが今出来る位なら、ここまでどうしようもない
状況にはならなかったでしょうけど。

 残念ながら、こんな状況では例え入会した所で会費を搾り取られるだけの
カモでしかありませんから、馬鹿らしい限りです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

M700SENDEROさん

駆除に関しては、ほんとうに多くの問題を抱えていると思います。
駆除依頼について少し説明します。農家の方が知り合いの鉄砲撃ちに頼むケースが多いのはこちらも同じです。でも、それだと市に連絡しないことが多くて実際には駆除が実施されません。市に直接駆除依頼をすれば書類が残りますし、鳥獣保護員に相談し現地視察をして必要とあればJAに駆除の依頼書を作成してもらい(なぜか個人じゃなくJAにするよう指導されている)駆除班長名で市に駆除許可の申請を出します。
個人にも駆除許可を出すことは可能ですが、鳥獣保護員の意見で駄目になるケースが多いようです。

鉄砲でのカラス駆除については近隣住民全てが賛成することは難しく110番で警察が来て始末書を書かされるケースもありました。駆除での違反は、個人だけではなく市や駆除員にも迷惑がかかるので、現地の状況を見て何か少しでも引っ掛かることがあれば撃つ事はできない、と報告するケースが増えています。なので今後のカラス駆除については、罠を増やす方向で考えています。

委託金額については、我が分会の駆除班人数で割ると一年間に一人当たり2万円くらいです。一斉駆除が以前は毎週でしたが現在は2週に一回で7ヶ月くらいの間行います。そうすると1日当り(実働半日)1500円くらいですね。趣味でやっている狩猟の延長だと考えれば、お金をもらえるだけで得した気分にもなりますが、実際には結果も出さないといけませんからね。
「実績に応じて金を支給する」というご意見には大賛成です!

秘密のコメントの方

こちらの設定が悪いからなのかメールアドレスが見れません。コメント内に書いていただけると助かりますが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内緒のコメントの方

お返事が遅くなりました。コメントは何の問題もありませんのでお気軽にどうぞ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">