狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

リスクを分散

苗作りを開始してから40日ほど経過しました。

トマトはそこそこの大きさになりましたが、ナスとピーマンは本葉が2枚くらいでまだまだ小さいです。

天候の変化が著しい季節なのに、日々の雑用が忙しくて温床の管理が十分に行えず高温障害が心配です。

そこで、苗の半分を友達が栽培しているブドウの温室に置かせてもらいました。

DSCN0113.jpg

今年は、この区画だけ木を植えていないので葉が茂ってきても日陰にはなりません。

夜温を18度、最高気温を35度に設定しているので高温障害や低温障害の心配もなく、時々水やりに行くだけです。

生長も早くて、これなら毎年頼もうかと思っていましたが、そんなに甘いことばかりではないようです。

葉っぱに大穴が・・・

DSCN0115.jpg

これはどう見ても虫が食べた跡のようです。

苗の周りを探していると、何か小さなものが飛んだように見えたのでその辺りを探すと。

どうもコイツが犯人のようです!

DSCN0117.jpg

この画像のなかに居るのですが、ちっこいのでわかりますかね?

小さすぎてよくわかりませんが、キリギリスのようなバッタです。

2匹ほど見つけたので、退去してもらいました。

うかうかできませんな。


その後、別な温室に生えているアスパラをいただきました。

DSCN0121.jpg

我が家のアスパラは芽も出ていませんが、さすがは温室ですね、立派で品質の良いものがあちこちに生えています。

DSCN0123.jpg

こりゃあ旨そうだわ。



こちらは暑い日もありすっかり冬の様相は無くなりましたが、まだまだ春が来たという実感が少なく寒い日々をお過ごしになっている地方の方もおられるでしょう。

気分だけでも真夏を感じて頑張ってください。
「真夏の夜の夢」byユーミン


スポンサーサイト

コメント

我が家も水槽をひっくり返して作った温室があります(笑)

えーちゃん

それはなかなか良いアイデアですね。
その中でブドウ栽培をしてみたらいかがでしょうか?
え、そんな狭い中でブドウはつくれないだろうって。
いえいえ、それができるんですよ。
うまくいけば記事にするかも?

温室いいね(^^)v

ぜひ、ホワイトアスパラを作ってください!

しぇふさま

お金は掛りますが加温の温室は便利ですね。
そこまでやらなくてもビニルを張っただけの温室でもあれば結構便利ではないでしょうか?お店の裏庭を温室にしてトロピカルフルーツを栽培しお店で提供するという手もありますね(笑)

ももさん

おっと!それを忘れていました。次に行ったときにお願いしてみます。
ホワイトアスパラが評判になりブドウ栽培からホワイトアスパラ栽培に変わるってこともありかな?(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">