狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

木村式自然栽培

無農薬、無肥料で栽培したりんご、「奇跡のりんご」で有名な木村秋則氏ですが、他の果樹や野菜、お米などでも無農薬、無肥料の栽培を成功させています。

当地、倉敷では「木村式自然栽培米」の生産者が増えてこの看板をよく目にするようになってきました。

DSC_3162.jpg

この栽培を倉敷でやり始めた頃より興味があって、私もやってみたいと思っていましたが、なにせ私は田んぼを持っていないですからやることは叶いません。

ちょっとしたご縁があり、実行委員の方と生産者の方、それと事務局の方からお話が聞けました。

「NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会」の目的とか事業内容等は、ホームページで確認できますが、実際にお米作りをしている方からのお話は初めてです。

草対策がさぞかし大変だろうと思って最初にそのことについてお聞きすると、なんと!水管理だけで何もしていないとか。

見せて頂いた全ての田んぼには全く草が生えていませんでした。

最近の圃場は、整備され水も豊富にあるので草で苦労することは少ないそうです。

では、なぜ一般の慣行農法では除草剤を大量に使用しているのか?

結局は、観察し考えることを捨ててしまい機械的に同じことの繰り返しをして栽培しているだけだからということのようです。

除草剤を散布しなければ苗がその影響で傷むことも無く健全に育ち、肥料を与えていないので虫を呼ばないから殺虫剤も必要なく病気にもならない、自然環境にも悪影響を与えない、最も重要な人の健康にも害を与えない、これぞ持続的な農業ではないかと感じます。

農薬などの資材を使わないので手間がかからないしお金もかからないので、一人で管理できる面積が広く利益も多い。

同じ広さなら収量が悪くても慣行農法より利益は多いそうです。

二人で40町くらいまでやれるそうですが、一つだけそれを阻むものがあるとか。

それが、これです。

DSC_3163.jpg

通称ジャンボタニシ。外来種のスクミリンゴカイで、食用として養殖されていましたが、日本人の味覚には合わなくて野に放たれて大増殖。

最近は、これを駆除するための農薬も散布しているようですが、自然栽培では手で捕る方法しか選択肢はなく、その手間が最も大きいそうです。

苗が小さなときに食害を受け、1枚目の写真のような状態に、その後生長して葉が固くなると食害を受け難くなるそうです。

お米の話をお聞きした後に場所を移動して、野菜を栽培している畑も見学させていただきました。

自然栽培での野菜作りは難易度が高く、特に葉物野菜は難しくてこれが上手に作れるようになると上級者だそうです。

野菜作りでも、なるほど!と納得できる話を多く聞けて非常に有意義な時間を過ごせました。

これで私の野菜作りも大きくレベルアップしそうです。

自然栽培のお米作りは、意外にもハードルが低そうなので本気で考えてみたいですね。


朝食は朝市で

次回、9月10日開催予定の「備中玉島みなと朝市」では、各店で朝食をご用意(有料)することになったため、私のお店も試作品を作ってみました。

画像はイメージです。

DSC_3145.jpg

予定している朝食のメニューは、

山形県産無農薬コシヒカリと地元で捕獲したししミンチ肉、平飼鶏の卵、無農薬グリンピースで三色おにぎり。愛媛県産海苔も付いています。

無農薬野菜としし肉の煮つけ

無農薬野菜の炒め物

無農薬野菜の漬物

天然ワカメ、豆腐、無農薬タマネギで味噌汁


三色おにぎりの試作は3日間行った結果、次の2種類の内どちらかにします。

ミンチごはんに卵とグリンピースをトッピング。

DSC_3142.jpg


白ごはんにミンチ肉と卵、グリンピースをトッピング。

DSC_3143.jpg


おにぎりは、こんな感じでコンビニおにぎり風にしようかと思っています。


DSC_3147.jpg


DSC_3149.jpg


この看板を目印にお越しください。

DSC_3131.jpg

限定15食ですので、お早めに。


狩猟初心者講習会

本日は、岡山県猟友会主催で毎年開催されている、狩猟の「初心者講習会」に講師として参加してきました。

DSC_3125.jpg

毎年受講者が増えているので、昨年までは一年間に3回開催していましたが、今年からは4回に増加。

それでも受講者は減らず約150名に増加。

受講者の増加はイノシシ、シカが増加したことにより罠猟盛んになったため、それまで1種(散弾銃)を所持者していた経験者が罠免許を取得するという流れだったことから受講者は高齢者が主でした。

それが昨年くらいから、行政が力を入れ狩猟のセミナーなどを開催した効果が表れてきたのか、若い人が主体になってきました。

DSC_3127.jpg

それに一昨年までは、1種(散弾銃)、2種(空気銃)の受講者が20名を超える程度だったのが、昨年から急に増えて40名以上になり、ここでも若い人が主体で女性も増加しています。

DSC_3128.jpg

世代交代の時代が訪れたということかもわかりませんね。


さて、本番の狩猟試験は来週になっていますが、みなさんが合格すること祈っていますよ。

と、神頼みのような言い方をしておきながら試験のお手伝いにも参加します。

厳格に採点しますので、みなさんよくお勉強しておいてくださいね(笑)


スイスチャードの種取

昨年の秋に初めて植え付けたスイスチャード。収穫して食べましたが、結構美味い。

購入した種は、数が少なくて高価。種取ができるかも?と考えて収穫せず畑に少し残して置きした。

春になると、他の葉物野菜は花芽をつけましたが、スイスチャードはなかなか花芽を付けません。

種取できないのか?と思いましたが、とりあえずそのまま放置。

すると、初夏頃に細い枝に小さな花が多数咲いたのを確認。

そのまま、また放置して昨日確認したところ、こんな様子です。

DSC_3117.jpg

なんと!食べれそうな葉が並んでいるではありませんか!なぜ?

そして、人の背丈ほどに伸びていた花芽は倒伏して、細い枝の先に種らしき粒が無数に見えます。

DSC_3116.jpg

何本か切り取って種の様子をみることに。

DSC_3108.jpg

切り取った枝の太い部分には、新しく芽吹いて葉が生えていますよ。

種と新芽が同居しているアブラナ科の野菜のようです。実際は、ほうれんそうと同じアカザ科ですが。

種らしきものはカチカチになっているので、枝からこそげ取ってみたところ・・・これ種ですよね。

DSC_3112.jpg

一粒から2~3個の芽が出る種。

ほんとうに発芽するのかな?発芽試験でもしてみますか。


ゴーヤーの種取

今年のゴーヤーは、種から育てたもの2株、中庭に自生えしたもの1株の計3株をプランターで栽培しています。

緑のカーテンにしようかと思ったけど、お元気が無くて全然ダメ。

プランターの土が少ないのと肥料が少ないのが原因でしょう。

でも、自生えのものはそこそこ育ってきたので種取をすることにしました。

DSC_3100.jpg

実が熟すと黄色くなります。

実の中はこんな感じ。赤く見えるものの中に種が入っています。

DSC_3102.jpg


赤いベールを取ると、種が出てきます。ちなみに、この赤いの食べると甘いです。

DSC_3104.jpg


一つの実に入っていた種はこれだけ。ちょっと白っぽいですね。

DSC_3101.jpg

来年はこれを植え付けてゴーヤーを栽培します。

うまく発芽するといいですが。




«  | HOME |  »

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">